ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

開封注意!病棟ナースの適性チェック~足りないものは努力目標

f:id:lady-jhones:20151128141010j:plain

どんな仕事にも向き、不向きはあるもの、ナースも例外ではありません。

 

見た目や常識では判断できない、病棟ナースの適性チェックをすることで、具体的な努力目標を明らかにしましょう。

 

 

注意: この適性チェックは、研究結果などをもとにしたものでなく、一病棟ナースの個人的なまとめです。参考になる部分もあるとは思います…^^;

 

足りないものは努力目標に

どうみても「向いてないわ」というナースが優秀だったり、「これぞ白衣の天使」が実はとんでもナースだったり。適性チェック、というのは眉唾ものが多いようですが…

 

一つの指針として、自分を振り返るきっかけとして、チェックしてみましょう。足りないものが有れば、努力目標にすれば良い。

 

適性チェック12項目

  • 健康
  • 自分に正直
  • 仕事への熱意
  • 患者さんについて興味をもつ
  • 患者さんの情報収集を誰とでも積極的に持てる
  • どのように退院へと導くかを考えられる
  • 患者さんを注意できる
  • 患者さんの人格を尊重し、行動できる
  • 他のナース、スタッフのミスを指摘、報告できる
  • 人に指示ができる
  • 自身の持っている技術を伝えられる
  • 医師とコミュニケーションがとれる

 

それぞれの項目の詳細は、最後に記述しましたので参照されてください。

 

 

病棟ナースは、患者さんと向き合って学んでいく

人によって早かったり、遅かったりしますが、病棟ナースとして働き始めて、ほんとうの意味での学びに気づく出来事が必ずあります。

 

新人時代、準夜勤の時のことです。心不全で人工呼吸器が付いている患者さんを、受け持ちました。

 

脈がとれない!

血圧を測りに言ったのですが、うまく測れない。音が聞こえないのです。むくんだ体のせいかな、と何度か測りなおしましたが、やっぱりダメ。

 

頸動脈もさわれません。反対側の腕も脈は取れません。そこでやっと「脈が止まっているのかもしれない」ということに思い当たりました。

 

通りがかった先輩ナースが気づき、「すぐに当直医を呼んで!救急カートを持って走ってきて!」と病棟は騒然。「やっぱり心臓が止まっていたんだ」

 

心電図が読めない!

医師と先輩は救急処置を始め、私は大きな心電図形(当時はかなり大きかった)をひっぱってきましたが、病室に入らない。

 

廊下で「波型を見ていなさい」と支持されましたが、当時心電図なんて読めなかったんです。

 

「波型は!どうなってる!?」と医師に言われて、仕方ないので「さざなみです」と言うと、空気が一瞬凍りついた…

 

「小さくなったら言ってくれ!」

「小波です!」「ありません!」

 

と必死でした。残念ながらこの患者さんは亡くなられてしまいましたが、この経験があって、「心電図が読めない」ということは、患者さんに迷惑がかかる、生命に関わる重大なことなんだ、と

 

 

仕事への熱意と学ぶ姿勢

「知識のなさ、未熟さが患者さんの生き死に大きく関わる」事は理解していたつもりでした。日々の仕事からも多くのことを学んでいる、と思っていました。

 

しかし、このことがあって、本当の意味で理解していたのだろうか、という振り返りができ、「もっと勉強しなくては」「看護師として、プロになろう」という確固たる目標を持つことが出来たのです。

 

 

チェック項目の詳細

 

健康である

どんな仕事でも、健康であることは目標、というよりも大前提。とりわけ看護師は健康でないと務まりません。

 

看護のシフトは、最低限必要な人数で組むので、婦長が、1ヶ月以上前から苦心して作ります。病気で突然「休む」ことになると、抜けた穴を当日の勤務者が埋めなければいけなくなります。

 

ただでさえ、やるべきことが多い病棟ナースです。一人休めばその分みんなに負担を強いてしまう。代わりを誰かに頼むのも心苦しいので、無理をして出勤。

そのうちに、「風邪は休みの日にひく」ように!

 

 自分に正直である

 看護は患者さんの生命に関わります。正義感をもち、それに誠実・正直に行動出来なければいけません。

 

「記録」「送り」はすべて「事実」であること

実施したすべての処置、看護は、自ら「記録」して、次のシフトに「送り」ます。

 

業務は共同で行うものもありますが、病棟ナースが一人ですることが多い。様々な処置を見ているものは居ません。ミスをしたら報告し、少しでも早く修正することが最善です。

 

正直でなければいけないのは、もしもの危険性を回避するためでもあるのです。

 

仕事に積極的である

看護師は自ら望んで仕事を増やす面もあります。何かを貰えるわけでなく、自分が大変になるだけなのに、です。

 

自分の担当でなくとも、ナースコールが有れば、先を争って受話器を取り、患者さんの要件を聞いて病室に出向くのです。

 

早足で飛び回る病棟ナースは、患者さんに呼び止められれば、にっこり笑って対応します。

 

患者さんの情報に興味を持てる

情報収集するため、誰とでも積極的にコミュニケーションを取れる

入院時に患者さんについて、かなり踏み込んで情報をお聞きします。病気だけでなく、メンタルな部分まで、すべての生活を一時的に預かることになるからです。

 

家族歴、病歴、入院費を負担するのは誰か、世話は誰がするのかなどです。その情報を元にして、看護方針を決めていきます。

 

患者さんの精神状態や、家族の思いも理解するように努力して、入院中の患者さんの支えとならないといけません。

 

病気だけを見ていれば良い、というものではなく、患者さんに無関心でいてはいけないのです。

 

どのように退院へと導くかを考えられる

病気への理解を助け、退院へ向けてどのように回復へ導くかを考えて目標をたて、患者さんに伝えます。退院後の生活についても、アドバイスや指導をします。

 

 患者さんを注意できる

 情報に興味をもち、収集し、目標をたて、できない患者さんに注意します。

 

生命に関わるようなことでなければ、守ってくれないというより、分かっていてやっていることが多い。もし、自分が言われたら嫌だろうな、と思うようなことを注意しなければならないので、難しいです。

 

患者さんの人格を尊重し、行動できる

患者さんや家族の方から、感謝の言葉をかけていただくと、慣れが生じて言葉遣いなどが「エラく」なっていないだろうか。常に患者さんの人格を尊重して行動出来ているかも考えます。

  • ミスは本人に指摘、リーダーや婦長に伝えられる
  • 人に指示ができる

ミスが許されない看護では、助け合う、お互い様という曖昧な感覚ではできません。担当を決め、実施した人が責任を持たねばならないからです。

 

サインは必須

行った処置は、伝票にサインして記録します。サイン一つがその仕事の全責任を負うので、サインが抜けているとすぐに指摘されます。

 

注意の言葉が毎日のように飛び交うのは、事故を防ぐため。言い方によっては言われた者の心を深く傷つけることも、落ち込ませることもあります。

 

看護という現実は、ミスの指摘は嫌味であろうと、しなければ行けないのです。

 

 自分の技術を伝える

 看護師は本で勉強したからといって、なれるものではありません。先輩から教えてもらいます。そして、自分も教えられるように成長しなければなりません。

 

・相手が理解できたか

・できるようになったか

・足りない部分のアドバイス

 

教えるのは難しいです。自分が分かっていなければ教えられない。

 

 医師とコミュニケーションが取れる

 病棟ナースは、医師の指示を受けて様々な処置をする。医師とのスムースなコミュニケーションは不可欠です。しかし…苦手な医師もいるのです。

 

これは、自分が頑張るしか無いですね。

 

 

まとめ

 

学びには「これで良い」ということはありません。病棟ナースは日々の患者さんのお世話から、常に何かを学び、経験を積み上げていける。

 

どこかで立ち止まり、その時の自分に足りないものはないか、自問自答する時間も必要です。

 

足りないものが有っても、それを埋めるべく努力すれば良い。振り返りを目標に活かせば良い。

 

患者さん、先輩、医師たちの力も借りて。

 

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ