ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

ナースは回転が早い?その理由の裏表と看護師の転職

f:id:lady-jhones:20160715141134p:plain

看護師の離職率は、他の業種と比較しても異様に高いのは事実。その理由として、「激務でツライ」とよく言われます。しかし、実際に仕事自体が辛くて辞めてしまう人は、思っている以上に少ないもの。

f:id:lady-jhones:20151124161512j:plain

いわゆるブラック企業ならぬ、ブラック病院も残念ながら、あります。しかし、多くの場合はより自分にあった条件を求めての退職、転職です。

現在の職場へのネガティブ、ポジティブ、それぞれの理由から離職、転職が多いのです。その理由を具体的に解析すると…見えてくるのは、ナースとしての成長です。

最大の理由は、女性に優しい仕組み

ナースの仕事は、自分のライフスタイルを優先する働き方を、選ぶことができる。

看護師の強みは、女性が多い職場なので、女性が働きやすい仕組みが多いということ。キチンとした病院なら、産休も取りやすいし、復職もし易い。また、一旦退職しても、再就職しやすい。

それは、看護学生時代に一生懸命勉強して資格を取り、入職後もナースとして一生懸命仕事を覚え、患者さんのお世話をしてきたからにほかなりません。

「子育てと両立したい」、「子育てが落ち着いたから」、「もっと収入が欲しい」、「キャリアアップしたい」それぞれ今の状況で、ベストな選択をしていけば良いのです。

転職の理由は仕事がツライ?

看護師さんって、仕事がめちゃめちゃきつくて大変だから、辞める人が多いんでしょ。とよく言われます。実際に仕事はきつくて辛いです。

でも、それだけが原因で転職するナースは、体調を崩して仕事を続けるのが難しい場合を除き、さほど居ません。

そもそも看護師を目指した時に、仕事の大変さは理解して望んだ事、看護学校ではハードな実習もこなしてきているからです。

ネガティブな理由

ブラック病院は言うまでもなく、ですが。人間関係にボロボロ。命を預かる重責に自信喪失など。

同僚や先輩、スタッフとの人間関係に疲れてしまった。というケースも少なくありません。中にはセクハラ、パワハラに悩んで、というケースも。

ここって、ブラック病院?

応募時と、実際の勤務形態に明らかに違いがある場合は、労働基準監督署に相談するという方法もあります。職場にやりがいや興味があり、辞めたくないので有れば、話し合いの場を。

特に魅力も無いのであれば、退職の意志を伝えましょう。その際は給料や勤務時間などの待遇に不満がある、ということではなく「ほかにやりたいことが出来たので」、と伝えるのが無難。

待遇面の理由では、「改善するから」と引き止められたり、他の人達より優遇されることで、結局居づらくなったりしてしまうからです。

 

雇用形態は必ず書面で確認

入職するときの条件、きちんと確認していますか。ハローワークの紹介でよくあるのが、求人票と実際の勤務形態や条件に違いがある場合。

求人票は、あくまでも目安。入職の際は書面で必ず確認しましょう。雇用形態、残業代の支払基準や休暇の取り扱い、福利厚生などは勤務先でしかわかりません。

ポジティブな理由

自身のライフスタイルが変わったため(結婚、出産など)、勤務形態の変更、より多くの経験を踏んでキャリアアップを目指したい。

転職の理由は、こちらのほうが多いようです。看護師という職種ゆえの理由でしょう。何度もやり直せるのも魅力な仕事です。

 

職場を3回、変わったナースの転職事情

 

f:id:lady-jhones:20151124160150j:plain

経歴: 看護学校を卒業後、実習をした病院に入職、結婚・出産で退職し3年後にパートで復職。 第2子妊娠で退職、子育て後再就職。

実習で得た、理想のナース像が原点

結婚を機に退職、専業主婦になろうと思っていたのですが…

子供も生まれ、毎日家事、子育てをしている日々でしたが、「ナースを続けていても良かったかな」と思い始めました。とは言え、子育てもきちんとしたい、両立できるのは、とパートの看護師を選択。

復職すると、新人時代には耳鳴りのように、重くのしかかっていた機械音や、救急車のサイレンまでが、「病院にいるんだ!」となんだかうれしくなったのが、印象に残っています。

人生の縮図を見るナースという仕事

実は、もともとナースの仕事に、強いあこがれを持っていたわけではありません。実習で出会った主任さんに、理想のナース像を見ることが出来たこと、患者さんとの心に残る、出会いがあったこと。

そういった出会いから、人生の縮図を見るナースとして、患者さんと一緒に歩むことの大切さを学べる機会を得られたからだと。

入職

理想のナース像と憧れる師長のいる、実習した病院に入職、配属してもらえました。新人時代は薬の準備を間違える、時間指示を間違えるなどなど、失敗は数えられないほど。

 

「だから新卒は!」と先輩によく言われましたが、ミスをしたのは自分なので、厳しく指導されるのは当たり前、事実新卒なのだから、そう言われても仕方ない、と打たれ強かったのも幸いしたようです。ナースの仕事が好きなんですね。

「人生の主役は自分です」

子育てをしながら働くには、病院の支援も必要ですが、働き方を決めるのは自分。周りに言われたから、でなく自分を大事にして、働き方を決めるのがナースを続ける覚悟では。

看護師はその時の状況に応じて、働き方を選べる仕事です。条件にあった職場を求めて、転職することは、自身の成長にもつながります。

しかし、中堅になったら、一つの病院で腰をすえ、患者さんとのつながりを深めたい。

 

まとめ

ナースは回転の早い職場、と言われています。結婚などを理由に退職しても、実は別の職場で働いているナースも多い。

転職には、ナース自身の「まじめさ」「献身的」な性格にも理由はありますが、今の職場が居心地が良くない、ツライと言ったネガティブな面と、自分にあった条件を求めて転職できる資格である、と言うポジティブな理由があります。

若いうちは、いろいろな経験を踏むのも、ナースの成長につながります。しかし、中堅になって、若いナースを指導する立場になれば、一箇所に腰を落ち着け、じっくり患者さんと向き合って、自身の経験や技術を伝えていって欲しい。かつて、自分がそうしてもらったように。

この病院には「貴女がいるから」、と患者さんに言われるナースになれるよう、日々精進。

 top photo:出典 東京ハローワーク(新宿わかものハローワーク)

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ