ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

ナースは非番に風邪をひく!ところで風邪薬は効くのか効かないのか

  f:id:lady-jhones:20151125123738j:plain

 

風邪は万病のもと、と言います。ナースが風邪をひいて、患者さんにうつしたら一大事。

 

ですが、少々の風邪で休むわけにはいきません。1人抜ければその分、同僚やスタッフに迷惑がかかってしまいますから。

 

そこは良くしたもので、ナースも長くなると、風邪も非番の日にしかひかなくなる! では、新人ナースはどうする?

 

閑話休題、風邪の予防、風邪薬の効果についてナースの見解をどうぞ。

 

 

風邪ひきの予防措置

 

風邪から重大な疾患になってしまうことも、多いのですが、では風邪を予防するにはどうしたら良いのか、というと、

 

手洗い、うがい、栄養価の高いものを食べて免疫力をつける、人混みを避ける、十分な睡眠…

 

と言った、ありきたりの方法しかありません。風邪は確実な予防法、治療法が無いのです。

 

 

ひいてしまったら

風邪はウイルス疾患です。一旦かかったら、抗生物質も基本効きません。効ウイルス剤もありますが、まだまだ一部のウィルスにしか効きません。

 

治療としては、熱が有れば解熱剤、喉の痛みは消炎剤、細菌感染もありそうなら抗生剤、くらいの対処療法しかありません。

 

風邪薬なんて、気休めさ

と言ってしまったら、身も蓋もない。はなしが続きませんが、実際のところはどうなのでしょう。

 

「あれ、おかしいな」と思ったらとにかく薬、というひとも多い。市販の風邪薬も、症状別に実に沢山の種類が売られています。

 

しかし、売薬も、処方薬も、ひき始めに飲んでも、やっぱり症状は進んだ、ということが多く、胃も荒れて気持ちが悪くなった、という経験がないですか。

                              

風邪薬のせいで胃薬まで飲むハメになる

「風邪に薬なんて飲んだってしかたない。胃がやられて、胃薬まで飲まないといけのはごめん」

 

風邪薬なんか飲むもんか、と決心する人も多い。

 

 

気休めでも、効く人には効く、かも

プラセボ、という薬があります。薬と言っても、本物と見かけは全く一緒ですが、ニセの薬。効果は全くありません。薬物依存の強い患者さんに処方します。

 

ニセ薬でも、本物と思って飲むと患者さんにとっては、良く効く薬となるんです。

 

風邪薬も、ある意味プラセボのようなもの、かも知れません。実際は際立った効果はなくても、症状が軽くなった、悪化せずに済んだ、と感じることもあります。

 

 

風邪薬は、やっぱり効く?

本格的なシーズンはこれからですが、何故か既に風邪が蔓延して、スタッフが次々と倒れ、残っていたスタッフも過労で倒れ…

 

こんな状態で今、「やっぱり風邪薬は効くみたい」という説が主流になりつつ有ります。

 

 

これは「飲んでいた時の方が、悪化しなかった」と、妊娠で薬を飲めないナースの一言が発端です。

 

 

他に方法がなければ、薬に頼る

効かないかも、と思っていても、薬を飲むしか方法がなければ、飲んでみよう。と思うのが自然な流れなんでしょうね。

 

一応薬ですから、最低限、苦痛を緩和する効果はあるので、飲まないより楽になっているのかもしれません。治すまでの効果は亡くても、最悪の状態になるのは防いでいるのかも。

 

 

科学的根拠は無いけれど…

妊娠中に風邪をひき、薬を飲めなかったナースが、飲んでいた時と比べた実感とは言え、同じ条件での比較ではありません。

 

以前の風邪と今回の風邪では、型も違うだろうし、彼女の体自体も違います。ですから、「飲まないよりは効く」と言うのは、単なる感想に過ぎないのですが…

 

 

何もしない、という選択肢は勇気がいること

風邪薬は、飲まない、という選択肢があります。しかし、根本的な治療が出来ない病気の場合、何もしないという選択をする人は少ない。

 

例えば、がん。

 

手術が出来ない進行性のがんの治療に、抗癌剤を使うか、使わないか。

 

効かない、と言われていても、いざとなると、何もしないという選択をするのはとても勇気のいることです。

 

もし、私ががんになったとしたも、抗癌剤を使って欲しいと言うと思います。一つの希望を託して。

 

 

風邪もナースを避けて通る

今まで一度も(記憶にある限り)インフルエンザにかかったことが無い、という強者ナースがいます。

 

家族のインフルエンザが2順した年にも、彼女は感染らなかった!しかも家族はしっかり予防注射をしていて、彼女はしていない。

 

「風邪なんて、気からよ、気!」と豪語する彼女は本当にたくましい。その勢いに押されて、風邪が寄り付かないのかもですね。

 

 

それでも、薬は飲む

そんな彼女も、一応風邪は引きます。風邪薬も飲む。「あれ、おかしいな」とおもったら、すぐに飲むそうです。

 

睡眠や、食事にも普段よりも気を使うので、それ以上進行することはほとんど無いとのこと。

 

なので、風邪薬の効果なのか、思い込みなのか、生活習慣なのかは不明ですが。

 

 

まとめ

ナースの仕事は風邪をひいても、休むわけにはいきません。だから、ベテランナースともなれば、風邪も非番にひけるようになる!?

 

効かない、と思っていてもやっぱり風邪薬に頼るのは、変ですか?

 

閑話休題、たかが風邪、と侮らず「それぞれが効く、と思う方法」で予防、治療を。

 

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ