読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナースほど誇れる仕事はありません

ナースダイアリー・超忙しい看護師のひとりごと

葛の花イソフラボン、ダイエットサプリ使用の途中経過報告

え~、何度めかの「今日からダイエット」宣言をしてから約1か月経ちました。今回は珍しくサプリの継続使用が成功(笑)していますので、途中経過を。葛の花由来イソフラボン配合サプリ、シボヘールの効果はいかに。

葛の花イソフラボン、ダイエットサプリシボヘール使用1ヶ月目の途中経過報告

身体に変化が!最近感じ始めました

サプリメント1袋、飲みきりました!

報告するようなことではないですが、私としては画期的なことです。何事も継続が重要ですが、今までダイエットに限らず、サプリメントの類を最後までのみきったのは初めてなのです。

で、気になる体重の増減はほとんど変わりなし^^;お見せ出来るグラフはありません。スミマセン

途中で、ぐっと減ったこともありましたが一時的で、すぐもとに戻っていました。それに、そもそもお腹の脂肪を減らすのを助けるサプリメントを、飲んだだけで痩せるなら苦労はありません。

食事の改善や運動に関してはご想像の通り、ほぼ手付かず状態が続いております。しかし、つい最近ある変化が起こり始めました。

 

頑固な便秘が改善中

ひどいというかもう病的とも言える慢性便秘で、お腹の中で化石になっているのではないか、と言うくらいだったのですが、シボヘールをのみ始めて半月ほど経った頃から少しずつ普通の便秘に(笑)なってきていました。

それが、ここ1週間ほどでさらに改善されてきているのです。すでに4回ほど便通がありました。ここ3日は毎日です。

葛の花イソフラボン入りのシボヘールを1か月のみ続けた効果なのか、他の要因があるのかはわかりません。

しかし、運動はしていない、不規則で栄養バランスの悪い食事をしているのは変わらずなので、多少は影響があるのかも、と思っています。

改善されてきたと言っても、便意が戻ってきている程度でまだまだ正常とは言えませんが、少なくとも1週間に1,2度しかなかった排便が改善しているのは事実。

運動と食事に少し気を使えば、更に改善効果は得られそうですね。

 

2ヶ月目に頑張りたいこと

  • 週に2度、スポーツクラブのエアロビクスレッスンに出る
  • 炭水化物を減らす

最近どうも無気力、というか以前は楽しみにしていたレッスンから遠ざかり、随分経ちました。それも体重増の大きな原因でした。

4月から好きなインストラクターのレッスンが復活し、「よーし、でるぞ!」と張り切っていましたが、4月は半分ほどしか参加せず…なんとか無気力状態を抜け出そうと思います。

モチベーションを維持するには、なにか強い目標とかを持ったり、おだててくれる人がいたりすると良いのかもしれませんね。

climb_tree

豚もおだてりゃ木に登る、と言いますからね(豚ではなく猫のイラストですが(笑))

炭水化物(糖質)は摂り過ぎだなあ、と思っています。つい手軽な出来合い品に手を出したり、夜遅い時間につまみ食いをしたり。栄養バランスもかなり偏っていると、自分でもわかっているのですが。

この辺を意識することで、かなり違ってくると思います。問題は、それが出来るかどうか、なんですよね。とりあえず、夜のつまみ食いをなくす!

 

3度の食事を空腹状態で食べる

当たり前のことですが、食生活が乱れると食べる時間もまちまち、お腹がすいたら食べる、あるいは3度の食事時間に、あまりお腹がすいていない、という状況になることも多い。

これも痩せられない原因だと思います。なので、できるだけ規則的に食事を摂るように意識したいと思います。

規則正しく食事を摂る、ということは、必要以上に食べてしまうことを避けられる。

変な時間に食べて、普通の食事時間にお腹がすいていなくても、例えば「お昼だから何か食べよう」と思って食べ始めると…食べても食べてもお腹がいっぱいにならない、という事はありませんか。

不規則に食事をしていると、脳が「次にいつエネルギーが入ってくるかわからない、食べられるときにたくさんためておかねば」と脂肪をため込むスイッチを押しているように思います。

 

まとめ

報告するようなことがない、という報告でスミマセン。1ヶ月後にはきちんとした経過報告ができるよう、心を入れ替えて励みます(笑)。

まあ、体重を落とす基本は、食事、運動、生活習慣、コレに尽きるのは間違いありません。基本をしっかり行うこと、そこにサプリメントなどの助けを借りてみるのは、それなりに結果に影響があるのかもしれません。

お腹の脂肪を減らすのを助ける、とうたう葛の花イソフラボン配合のダイエットサプリ、シボヘール。少なくとも私には、今のところ便秘改善の効果がありそうです。

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ