ナースほど誇れる仕事はありません

ナースダイアリー・超忙しい看護師のひとりごと

薬の副作用~今さら聞けない薬の飲み方。薬と上手に付き合う方法

 

f:id:lady-jhones:20160210235621j:plain

薬には必ず副作用があるものです。いい加減な飲み方、つきあい方をしていると重大な事態を引き起こす可能性もある。原因不明の不調が、薬の副作用だったということもよくあるのです。

 

副作用を恐れずに病気からの回復を目指す、薬と上手に付き合う方法です。

 

 

薬の副作用と飲み方

薬について、効果や飲む理由、飲み方、副作用などの説明を、きちんと理解しているかというと、なんとなく、とか処方されたから、と飲んでいるだけのことが多い。

 

その結果、間違った飲み方をしたり、副作用に苦しんだりする可能性もあります。

 

薬の副作用の症状を理解すると、きちんと指示通りに飲まないといけない理由もはっきりします。

 

薬の副作用

副作用は一般的に「薬を飲んだことにより起きる、身体に起こる悪い変化」と認識されています。では、実際にはどんな症状かというと、あやふやな部分が多いもの。

 

味がわからなくなる、気力がなくなると言った、一見薬の作用とは関係ない副作用が現れることも。副作用は思いがけないところに出てくるものです。

 

主な副作用の症状

 

あらわれる場所症状
循環器系 胸の痛み、ドキドキ、苦しい
心臓の音が大きく感じる、
脈が速くなる・遅くなる
顔が赤くなる
体がほてる、熱い
耳鳴り、足がむくむ
頭が重い、痛い
肩がこる
立ち上がるとふらつく、など
神経系 頭痛、めまい、ふらふら感
うまく歩けない、回っている感じ
手足がしびれる、眠気
気力がない、不安
意欲に欠ける
声や首がしびれる感じ
寝ている間に無意識に歩き回る
消化器系 ゲップ、が出る、おなかがはる、痛い、
むかむかする、胸やけ、
呼吸器系 空咳がでる、息切れ、
胸の痛み、息が苦しいなど
腎臓・肝臓・血液系
~への影響
かゆみ、のどの痛み、口内炎
あおあざ、だるい、疲れやすい
皮膚や白目が黄色くなる、
顔やまぶたの裏が白っぽい
出血しやすい(鼻血、歯茎の出血)など
アレルギー症状 かゆみ、発疹、じんましん、
顔・首などに公の当たる部分に
発疹や水ぶくれができる
息が苦しい
ものが呑み込みにくくなる
その他のさまざまン症状 歯茎がはれる、出血しやすい
目がかすむ、ものの形が見えにくい
目が腫れぼったい
耳が聞こえにくい、手足が震える
筋肉の痛み、しわがれ声
変な味がする、味がわからない
体の力が抜けてしまうなど

 

このような症状や、薬を飲んだあとで、明らかにいつもと違うと感じる症状がでたら、すぐに病院へ行きましょう。なんだかおかしいな、と思うくらいなら電話などで医師に相談しましょう。#7119でも良いですね。

 

医師に薬の飲み方を聞くのは患者の権利

医師は忙しく、なかなか質問しづらいこともあるでしょう。雰囲気で良く分かっていなくても、「わかりました」と言って診察室をでてしまうことも多い。

 

予め質問することをメモにしておけば、テキパキと聞くこともでき、応えてもらいやすいものです。

 

基本的に患者には、薬や治療内容についての説明を受ける権利があります。

5項目の質問、メモを忘れず

  • この薬はなんという名前ですか
  • どんな効果がありますか
  • 私が飲むのは何のためですか
  • 飲まなかった場合どうなりますか、例えば半年後、一年後の影響は?
  • 薬の副作用はどんなものがあり、危険な症状はどんなもので、でても大丈夫な症状は?

 

薬と上手に付き合う方法

副作用を出来るだけ少なくする薬とのつきあい方は、2つのことに注意すれば良いだけです。

大前提として、自分の薬は自分だけが使うこと!同じ症状だから、と他人に分けてはいけません。

 

処方薬

  • 医師の指示通りの量・回数で飲む(使う)
  • 自分の判断で止めない

 

市販薬

  • 症状が消えた、又は飲んでも効果がない場合はすぐやめる
  • 妊娠中、授乳期間中、又は処方薬を飲んでいるときは、飲む前に医師や薬剤師に相談する

 

どちらも当たり前のことですが、結構いい加減な飲み方をしている方も多い。例えば、処方薬について、薬辞典で見たら、コワイ薬だったので量を減らした、とか頭痛持ちなので、毎日市販の頭痛薬を飲んでいる。とか。

 

つきあい方は単純ですが、守るのは意外と難しいものです。

 

前述しましたが、薬は「人に上げない、もらわない」を厳守です!

 

薬をのむ危険・飲まない危険

  • 処方薬は勝手に飲むのを止めない
  • 市販薬はいつまでも飲み続けない

処方薬は勝手に飲むのを止めないことが重要。医師が処方する薬は、効果についても副作用についてもきちんと考えていますが、市販薬はそうではないので、いつまでも飲み続けてはいけません。

 

いつ飲むの?薬の飲み方

食前、食後、食間とは。具体的には食前、食後は食事前や食事後の「30分以内」に飲むということです。薬は吸収されにくいので、胃腸が最も吸収しやすい状態の食前、胃を荒らす薬などは食後に、という理由からです。

 

良く勘違いされるのが「食間」これは食事中ではなく、食事後2時間が目安です。食間とされる薬は、空腹時の胃の粘膜を保護する薬や、特に吸収されにくい薬です。

 

「時間ごと」は、抗生物質や喘息に多く、食事とは関係なく◯時間おきに飲む、眠前(寝る直前)とか「医師の指示通り」という場合もあります。

 

 

薬の飲み合わせ                        

複数の薬を処方されることも多いですが、体内での相互作用で効き目が強くなったり、別の物質ができて身体に悪影響を与える可能性もあります。

 

薬の種類がふえるほど、悪影響の確率は高くなるので、複数の薬を飲むときは、飲み合わせに注意しなければいけません。

 

お薬手帳は、自分が飲んでいる薬がわかるので、医師に情報を提供することができ、新しく薬を処方するときには、飲み合わせの危険が少なくなるように処方してもらえます。

 

薬を飲む時の注意点

薬をのむときに、お茶はいけないと言われますが、普通のお茶なら大抵は大丈夫です。問題なのは、薬だけを飲み込もうとすること。

 

これは食堂の途中でくっついて潰瘍を起こすことがあるので、やってはいけません。白湯や水、お茶でも少し多めに飲みましょう。

 

アルコールは薬によって効き目が強まったり、弱まったりするので、一緒に飲まないようにします。

 

ジュースや牛乳などは、酸やカルシウムなどが薬と相互作用を起こして変質し、副作用につながることがあるので、基本的には避けましょう。

 

薬をもらう間隔と有効期間

病院で薬をもらう間隔は薬によって違います。同じ成分でも新しくでたばかりの薬だと、副作用を警戒して間隔が短くなります。

 

医師と相談して、必要な薬を出してもらいます。

 

有効期間は原則として、飲むように支持された期間内。湿気や直射日光を避けて保存します。インスリンや目薬などの液剤は冷凍庫で保存します。凍結は避けます。

 

市販薬の場合は、容器の有効期間内で。表示が無いものは概ね3年をめどにします。

 

 

まとめ

 

副作用は「最小限にとどめる」ことが可能です。「薬に副作用はつきもの」とあきらめず、医師や薬剤師に相談して、不愉快な副作用症状を改善してもらいましょう。

 

飲み方、使い方の注意などもわかるまで説明を聞くことが大切。

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ