ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

卒業旅行で海外!健康管理対策、出発前の準備から旅行中の注意まで

f:id:lady-jhones:20160306034908p:plain

卒業シーズンですね。卒業旅行なるものが登場したのはいつ頃からでしょうか。最近は小学生がディズニーランドへ卒業旅行、なんていうこともあるみたいです。大学生だと、卒業旅行が海外ということもあるようで、なんとも羨ましい。

 

準備も着々と勧めていると思いますが、海外旅行の健康管理はちゃんと考えていますか?出発前から準備することが大切ですよ。薬を常用していたり、持病がある場合は勿論ですが、普段健康であっても、一応の備えをしておくほうが安心です。

 

卒業旅行で海外に行くときの健康管理対策、出発前の準備から旅行中の注意まで。

 

 

海外旅行の健康管理事前準備と旅行中の注意

国内での不測の事態なら、なんとか対応は出来ますが、海外での病気や事故となると、「健康だから、問題ない!」と思っていても、何が起こるかわかりません。まして言葉が堪能でなければ症状や状況を、詳しく伝えることも出来ません。

 

卒業旅行で海外へ行くとき、考えたいのが健康管理対策です。出発前の事前準備と旅行中の注意についてまとめましたので、チェックしてみてください。備えあれば憂いなしです。

 

 

出発前の事前準備

確認、準備しておきたい主なものは状況によりますが、以下の4つです。

  • 海外現地スタッフが日本語で対応してくれるか
  • 健康状態をチェックして、旅行用診断書を用意
  • 英文の診断書、薬剤傾向証明書、メディカルアラートカードを準備(持病やアレルギー、体内にペースメーカー等を入れているなどの場合)
  • 薬の準備

行く場所によっては予防接種証明書が必要な場合もあります。

 

海外旅行傷害保険には必ず入っておきましょう。海外の医療機関を受信すると、高額な料金を請求されます。

 

海外の現地スタッフの対応

海外ツアーで添乗員さんや現地スタッフが対応してくれる場合は、殆どの場合日本語で大丈夫ですが、格安ツアーなどでは現地スタッフがあまり日本語が得意でない、そもそもスタッフがいない、ということもあります。ツアーを申し込む際に、スタッフの有無、日本語OKかは、必ず確認するポイント。

 

体調が悪くなったら、ツアーなら添乗員や現地スタッフ、ホテルに泊まっている場合は、フロントやコンシェエルジュに相談すると良いでしょう。海外旅行保険に加入している場合は、医療機関の紹介状を受けられる場合もあります。

 

健康状態をチェック

定期的に健康診断を受け、特に問題のない人はあまり心配することはありません。万一に備えて

  • 持病はない
  • 薬・食べ物に対するアレルギーはない
  • 連絡先

など自分の情報を書き込んだ、英文の旅行用診断書を用意するのが理想です。

 

健康診断を受けていない場合は、隠れた病気があって、それが旅行先で急に現れたりすると、重大な事態につながりかねないので、出発前に是非受けてください。

 

持病がある人は、まず旅行に言っても大丈夫かどうか確認し、旅行中の注意点を聞いておきます。例えば気管支喘息など呼吸器の病気がある人が、大気汚染の強い地域に行くと発作を起こすことがあります。対応を確認しておくことが大切です。

 

英文の診断書を準備

以下に当てはまる人は、事前に英文の旅行用診断書、メディカルアラートカードなどを持参することをおすすめします。

  • 持病がある
  • 薬や食べ物にアレルギーがある
  • ペースメーカー、人工関節やプレートを体内に入れている

など

 

メディカルアラートカードとは、病状や注意事項を記入したカードで、意識を失うなど緊急時に、必要最低限の情報を医師に伝えることが出来ます。

 

薬を常用している場合は、国によっては薬の規制が厳しいこともあります、旅行先の情報を確認し、英文の薬剤携行証明書を準備します。インスリンやアドレナリンなどの注射薬や、向精神薬、医療用麻薬等を航空機内に持ち込む場合も、薬剤携行証明書を準備。

 

思わぬ日程の変更に備え、旅行日数に5~7日分の薬を用意して、手荷物に入れるようにします。

 

薬の準備

旅行中は疲労や環境の変化から、胃を痛めたり、頭痛を起こすなど、体調を崩しがちです。外国語で症状を説明し、必要な薬を手に入れるのは大変です。普段家で使用している痛み止め、風邪薬、整腸剤などの常備薬や、粉末のスポーツドリンク、経口補水液などを手荷物ではなく、スーツケースなど預ける荷物に入れておきましょう。

 

トラベルクリニックでは、マラリア予防薬、高山病予防薬、下痢止め、抗菌薬などの処方を受けられます。

 

予防接種

短期の海外旅行では、多くの国で予防接種は不要ですが、入国時に予防接種証明書の提示が求められる国もありますので、良く確認しましょう。

 

衛生環境の良くない国へ行く場合は、破傷風とA型肝炎の予防接種を受けることをおすすめします。海外の多くの国で、狂犬病が残っています。不用意に犬や狐などに触らないことです。

 

 

旅行中の注意

旅行にいく前に忙しかったり、重い荷物を持って空港内を、長時間歩いたりすることが負担になることもあります。

  • 航空機内の過酷な環境
  • 時差
  • なれない気候や食事

などでも、身体への負担が思ったより大きくなりがちなので、できるだけ負担を減らす工夫をしましょう。

 

負担を減らす工夫

深部静脈血栓症/肺塞栓症(エコノミークラス症候群)

航空機内では乾燥、低気圧、低酸素なので血中の酸素濃度は5%ほど減少します。感想による脱水、長時間同じ姿勢で座り続けると、深部静脈血栓症/肺塞栓症、いわゆるエコノミークラス症候群が起こることがあります。

 

予防

  • 水分を補給する(アルコールやコーヒーなどは脱水作用があるので飲み過ぎに注意)
  • 座席でかかとやつま先を上下に動かす
  • 時々たって機内を歩く
  • 締め付けのないゆったりした服装

 

時差ボケ

  • 到着地の生活リズムに慣れる
  • 現地の食事時間に食事を摂る
  • 日没まではベッドに入らない
  • 体内時計を整えるため、日光を浴びる

 

下痢対策

海外旅行中のトラブルで一番多いのが下痢です。細菌感染、水の違い(日本の水は軟水、海外は硬水が多い)、油や香辛料の違い、疲労などが原因となります。

 

水分補給をしっかり行ない整腸剤をのみます。事前に下痢止めや抗菌薬を処方してもらっている場合は、症状に合わせて使用します。

 

ただし、下痢は身体の中に入った異物を排出するために起こる、身体の防御作用の1つなので、すぐに下痢止めを飲むのではなく、水分補給を行いながら様子を見ることも大切です。高熱や血便、頻回の下痢の場合は、現地の医療機関を受診しましょう。

  • 水や食べ物に注意する
  • 生物は避け、しっかり火の通ったものを食べる
  • 生水(水道水)は避け、ボトル入りのミネラルウォーターを飲む
  • 生ジュース、カットフルーツ、氷の入った飲み物は避ける

 

感染症に注意

ジカ熱、エボラ熱、デング熱などの感染症の情報は厚生労働省検疫所のホームページで得ることが出来ます。

厚生労働省検疫所 

 

渡航先の医療機関の情報は、外務省のホームページなども参考になります。

外務省 世界の医療事情  

 

 

まとめ

海外旅行に行くときは、環境の変化で体調を崩しても対応出来るよう、事前準備をしっかりすること、旅行中も健康に注意することが大切。

 

楽しい思い出を、たくさん持って帰るためにも、健康管理をきちんとしてくださいね。

 

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ