ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

排便は朝のうちにを習慣化しよう!過敏性腸症候群の治療

f:id:lady-jhones:20160418230441p:plain

便秘や下痢を繰り返し、前回のチェックで過敏性腸症候群の疑いがあった方、きちんと医師に相談したでしょうか。過敏性腸症候群の診断は、問診からある程度の判断がつきます。しかし便秘や下痢は他の病気で起きることもあるので、隠れている病気がないことを確認するために、幾つかの検査を行ないます。

過敏性腸症候群の診断、治療についてお伝えします。

過敏性腸症候群の診断、治療

腹痛を伴う便秘、下痢といった排便異常では

  • 血液、尿、便の検査
  • 腹部超音波(エコー)検査
  • 大腸内視鏡検査

などを行ないます。これらの検査で異常が見つからない場合は、腸の動きに関わる「機能性」の病気ということで、過敏性腸症候群と診断されます。

主な治療法

  • ストレス対策
  • 食事などの生活習慣の改善

の3本柱で複合的に対処します。

検査で異常があった場合

便秘や下痢を起こす臓器の病変(器質性の病気)はいろいろとあり、「大腸がん」「潰瘍性大腸炎」「クローン病」などが比較的多い病気です。腸に潰瘍や腫瘍ができるので、多くの場合「血便」「発熱」「体重減少」などの症状も見られます。

過敏性腸症候群ではこれらの症状は見られないので、該当する場合はがんなどの可能性も否定できません。他の病気が疑われる場合は、さらに詳しく検査を行ないます。

治療の3本柱

過敏性腸症候群は偏った食事や不規則な生活など、様々な要因が重なり合っているところに、ストレスが大きく影響して起こります。主な治療法は複合的な要因を踏まえ、薬、ストレス対策、生活習慣の改善を3つの柱とします。次項ではそれぞれの治療法について、詳しくお伝えしましょう。

 

腹痛の薬

f:id:lady-jhones:20160217002935p:plain

 

過敏性腸症候群と診断され、最初に処方されるのは、便秘、下痢、腹痛のいずれにも効果が認められている

  • 高分子重合体
  • 消化管運動腸節約

です。

最初に処方された薬で改善が見られない場合は、症状に応じて他の薬が処方されます。

高分子重合体

重合体(ポリマー)は、腸内で水分を吸収して膨張します。

  • 下剤の場合: 過剰な水分を減らす
  • 便秘の場合: 便をゲル状にして通過を促す

効果があります。腸内で膨らむだけなので、副作用はほとんどありません。

消化管運動腸節薬

異常のある腸管の運動をコントロールします。

  • 運動が激しくなりすぎて下痢を起こしているときは抑制
  • 運動が低下して便秘の時は、便が出やすくなるように促進

まれに肝機能障害が副作用として見られます。

セロトニン3受容体拮抗薬

下痢に悩む男性に限り、この薬が使われることがあります。セロトニンは脳で働く神経伝達物質として知られていますが、腸管にあるセロトニンは、腸の知覚過敏や運動の異常に繋がるため、それを抑える薬です。効き過ぎると便秘になる副作用があります。

その他の薬

  • 下痢: 乳酸菌製剤や止痢薬
  • 便秘: 下剤や消化管運動促進薬
  • 腹痛: 抗コリン薬、抗うつ薬
  • うつ: 抗うつ薬、抗不安薬

抗コリン薬は、症状が出た時に頓服として用い、その他の薬は定期的に服用します。

 

ストレス対策

ストレスの影響が大きい場合、

  • 心理療法(カウンセリングや自立訓練など)
  • 自分でできること

の3つがストレス対策。

心理療法

「不安が腸に伝る→腸に痛みが生じる→痛みが脳に伝わる→新たな不安を生む」という悪循環を、抗不安薬などの服用で、一度断ち切ることも大切です。

心理療法は薬を使わず、患者さんの心理に働きかける治療法です。弛緩法、認知行動療法などが有ります。

弛緩法

簡単な動作を行ない、からだに力を入れたり抜いたりしながらリラックスします。そのコツを習得し、心の緊張をほぐしていきます。

認知行動療法

  • 下痢がおこるのではないかと心配しすぎている
  • 下痢が怖くて電車に乗れず、欠勤してしまう

このような極端な行動に対処するための治療法です。医師が患者さんと対話しながら行ないます。

自分でできるストレス対策

散歩などの軽い運動を生活に取り入れることは、ストレス対策になるだけでなく、腸の働きを整える効果も期待できます。

  • 楽しみをもつ
  • 軽い運動をする
  • 疲労をためない
  • 時間に余裕を持つ

などの方法で、リラックスするようにします。

 

食事など生活習慣の改善

  • 規則正しく食べること
  • 栄養バランスをよくすること

が、食事の原則。

便秘型: 胃に食べ物が入ると、腸の運動が活発になり排便を促すので、便秘型の人は特に朝食を抜かないようにしましょう

下痢型: 下痢が心配で食事を抜きがちですが、規則正しく食べたほうが改善しやすいです。

  • 食べ過ぎ
  • 間食
  • 極端なダイエット

は良くありません。

取りたい食品と控えたい食品

下痢 食品 便秘
食物繊維の多いもの(不溶性、水溶性の違いに注意)
×× 高脂肪のもの ×
×× 刺激物(唐辛子に含まれるカプサイシン、アルコール
カフェインの多い飲料など)
×
× 加工食品の摂りすぎ ×
乳酸菌を含むもの

便秘: 野菜、果物、海藻などに多い食物繊維

下痢・便秘: 乳酸菌を含む食品

以下の記事では、便通異常の改善が期待できる機能性ヨーグルトや乳酸菌サプリ(57種類)一覧まとめをお伝えしています。自分にあったヨーグルトや乳酸菌サプリの選び方の参考にどうぞ。

ただし、乳糖が便通異常の症状を起こす原因となることもあるので、注意が必要です。

 

高脂肪の食品や刺激物、加工食品などの摂り過ぎは、便秘、下痢、どちらの症状も悪化させると考えられます。

食物繊維は下痢にも一定の効果がありますが、保水性が便の容量を増大させ腸管を刺激するので、便秘には大変良いものです。

豆類やイモ類の食物繊維は、腹部膨満感に繋がることもあり、不快感が生じた場合はさけましょう。また、前回お伝えした、不溶性、水溶性の違いについても注意してください。

日常生活の注意

食事以外の生活習慣では、睡眠、排便、運動に気をつけます。腸の運動は睡眠と大きく関わっています。睡眠中に小腸は昼間の活動に向けて整えられ、大腸は朝起きるとすぐに運動を初めます。早寝早起きで、朝の排便の習慣を身につけることも、改善に繋がります。

学校などで周囲の目を気にして、トイレを我慢することの多い子どもにも、過敏性腸症候群が多く見られます。自然な排便を避けてしまうことが無いよう、親や教師など周囲の大人が注意を払うことも大事です。家で朝の排便の習慣をつけることも有益です。

過去記事、おならが止まらない?おならなんか屁でもない!看護師のススメでは、過敏性腸症候群の「ガス型」にについて、解説しています。今回お伝えする内容と重複する部分もありますが、参考にされてください。

 

まとめ

便秘、下痢を繰り返す過敏性腸症候群と診断されたら。

ストレスの影響が大きい過敏性腸症候群では、抗うつ薬や抗不安薬なども用いて、食事など生活習慣の改善も必要です。適切な治療で繰り返す便秘、下痢の不安を取り除き、生活の質を改善しましょう。

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ