ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

転職する?夜勤を増やすのはキツイ?看護師の給料up方法

f:id:lady-jhones:20160715142132p:plain

現在の給料では足りない。収入を増やすためにはもっと給料の良い職場に転職するか、夜勤などの副業をするか。

f:id:lady-jhones:20160309202246j:plain

看護師の給料に不満をもち、転職や副業を考えている看護師も多いです。転職で好待遇の病院に勤務するのも1つの選択肢ですが、まず、なぜもっと収入が欲しいのか、そこをきちんと考えた上で転職や副業について考えることが大事です。

収入を増やすための方法については以下も参考に、何が自分にとって最適な手段なのかを判断し、場合によっては転職も視野に入れても良いでしょう。

 

看護師の転職

今の給料の他に収入が欲しい。その理由は何でしょう。看護師の仕事はある意味肉体労働、さらに精神的にもタフでないと務まりません。さらに夜勤の回数を増やすとなると、体力に自身があったとしてもかなりキツイです。

 

その前に、副業が可能かどうかの確認も重要ですよ。バレずに副業で夜勤などをしている看護師も少なくありませんが、万が一何かあった場合はどうなるか、そこもきちんと理解した上で、副業をするかどうか判断しなければいけません。

 

転職は、現在の職場に不満がある、キャリアアップのために必要、な場合に検討しましょう。

 

もっと収入が欲しいときの選択肢

収入を増やしたい上に、現在の職場の人間関係や労働環境に不満があり、転職をしたいというのであれば、最初から転職を考えることになりますが、そういうケースばかりではないでしょう。ハナから転職を考えるのではなく、今の職場で給料を多くすることは出来ないのかも考えてみましょう。

  • 夜勤回数の交渉をする
  • 他の科に配属を希望する
  • 認定看護師などの資格を取る
  • 転職をする

 

今の病院で収入を増やす方法

夜勤回数を増やしてもらう、夜勤回数が多い・手当が増える部署に配属替えをしてもらえないか、希望を出してみましょう。

 

夜勤回数の交渉

夜勤の回数を増やしてもらうことで収入も増やします。家庭の事情などで夜勤は少なくしたい、と言う看護師も多いですから、積極的に夜勤を引き受けてくれる看護師は歓迎されます。ただし、回数の制限等はあるので、際限なく増やすわけには行きませんが、現在より収入は増えます。

 

他の科に配属を希望する

同じ年齢、同じ学歴であれば、基本給は同じです。夜勤の回数や危険手当の有無などで給料は変わりますので、夜勤の多い部署や、手当がつく部署を希望することも1つの方法ですね。この場合、スキルアップに繋がることも多いです。

 

資格をとる

勤務先で給料の上乗せをしてくれる資格をとるのも、1つの方法です。キャリアアップにもつながるので、将来転職を考えた時にも有利となります。

  • 専門看護師・認定看護師・認定看護管理者
  • 特定看護師・ナースプラクティショナー(日本では導入が検討されている段階)
  • 糖尿病療養指導士
  • 呼吸療養士

などがあります。ただし資格を得たことで、看護師の仕事がより忙しくなる可能性はあります。

 

夜勤専門になる

転職では転職サイトなどのエージェントを介入したほうが仕事は見つかりやすいですが、夜勤は直接病院に問い合わせる場合も多いようです。

 

ただし、どんな職場なのかは自分で確かめるしかないので、十分なリサーチも必要です。好待遇で入れたと思ったら、トンデモな職場だったということもよく有りますので。自己責任は重大です。

 

その他老人健康施設やデイサービスなどでも看護師を募集しているので、将来の働き方に広がりを得ることも可能です。

 

転職をする

転職は、今の職場ではどうしても続けられない事情や不満がある場合と、自身のスキルアップでキャリアプランを考えた転職の場合とあります。

 

いずれにせよ、知り合いの口利きや転職サイトなどの利用がおすすめ。エージェントによっては、本当に親身に考えてくれる人もいます。

 

20代の看護師が、キャリアアップのため◯◯を学べる病院を探して、転職サイトを利用して転職活動をした時、担当のエージェントが

「あなたの今いる病院の◯◯は大変優秀です。そこに転属の相談はしたのですか」

と聞いてきたそうです。

勤務先で相談した所、幸い配属の希望が通り、そこで3年間学んだ後、同じエージェントの紹介で、他の病院に好待遇で転職に成功し活躍されています。

 

看護師の給料とダブルワーク

看護師の給料は安い?他の仕事についた経験がなく、看護師の仕事しか知らない人にとっては、「看護師の仕事って、こんなにきつくて大変、夜勤もあるのになんでこんなに安いの」と思ってしまうのかもしれません。

 

しかし、他の職種と比較すると決して安くはなく、むしろ同世代の一般的な事務員などよりも多いです。

 

なぜ収入を増やしたいのか

今の給料では明らかに生活上不足する場合は、副業も考えざるを得ませんが、生活を見直すことで余裕を作ることが可能なケースも多いです。単純に仕事を増やして収入も増やそう、と思っている場合は、結局無駄に生活費が多くなり、体も心もきつくなるだけになる可能性も。

 

何のために収入を増やしたいのか、まずそこをきちんと考える必要があります。

 

 

まとめ

収入アップのための方法は、今の職場で夜勤回数を増やしてもらう、夜勤が多くある、手当が多い部署への配属希望、資格をとるなどの方法と、好待遇の職場に転職。といった方法があります。

まず、なぜもっと収入がほしいのかを考え、生活を見なおしてみることが大切。その上で、どうしても収入を増やす必要があるのなら、どのような方法を取るのかを決めましょう。

いろいろなリスクを考えると、今の職場での収入増を考えるのが一番です。将来的に転職でキャリアアップを図りたい時にも、一箇所の病院でいろいろな科を経験することは強みとなります。

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ