ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

忘れられない看護のエピソード~あなたの心に残る出来事を教えて

 f:id:lady-jhones:20160107132607p:plain

 

5月12日はナイチンゲールの生誕日です。現在では看護の日として、様々な行事が行われています。日本看護協会が、来年の看護週間で発表する「忘れられない看護エピソード」を募集中! 応募締め切りは2月19日(金)当日消印有効

 

看護師部門と一般部門があるので、看護師だけでなく患者さんやご家族などの応募も可能です。

 

2日前の記事にコメントを頂きました。

信じるものは治る?がん患者の4割が試す「民間療法」とプラセボ効果 - ナースほど誇れる仕事はありません

プラセボは、呼吸が安定するからじゃないかなぁ。ナースの力も、医師よりプラセボ効果があって、オレね、盲腸の手術で、麻酔がきかなくて、ナースに手をにぎられたら効いたw ただ、目隠しだから、医師が手をかもw

2016/01/06 22:39

その後はどうなったんでしょうね。感動的な結末(笑)があったなら、こんなエピソードもいいかも。

 

第6回「忘れられない看護エピソード」 | 日本看護協会募集中

日本看護協会が、看護の日を含む一週間を「看護週間」として、様々な事業を実施していますが、その中のひとつとして、看護を通して得られた忘れらない思い出やエピソードを募集、看護週間に発表しています。

 

今年で6回目になり、選ばれた1作品はショートムービー化して発表する予定です。

 

看護をした時、された時、患者さんのご家族が感動した時に生まれた、心に残る出会いや出来事を文字にして、伝えてみませんか。

 

応募の締め切りは、2月19日(金)当日消印有効

 

募集内容、応募要項は

第6回「忘れられない看護エピソード」 | 日本看護協会

で確認されてください。

 

 

看護師辞めたいと悩んだ時に

ちなみに昨年の受賞作20本、全部読みましたが、看護師の仕事がどれだけ患者さんの役に立てるのか、改めて考えさせられます。

 

看護の仕事を続けるか、続けられるか、悩んだ時に「患者さんはこんなことでも喜んでいただけるんだ」「看護師をしていてよかった」と思える。

 

看護師辞めたい、と思った時に読むと、力を貰えるエピソードばかり。原稿用紙2枚弱なので、時間もかかりません。受賞作品は上記のHPでどうぞ。

 

 

まとめ

看護師辞めたい、と思った時に読むと、看護師の仕事について初心に戻れる、パワーを貰える「忘れられない看護エピソード」

 

あなたの心に残るエピソードを伝えてみませんか。看護師も、看護師でない方も応募できます。日本看護協会が募集中です。

本日はお知らせのみ。

 

 画像出典: 日本看護協会「第6回忘れられない看護エピソード」チラシ

 

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ