ナースほど誇れる仕事はありません

心と体の健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

宝塚歌劇月組公演、夢元無双とプチ銀ブラに日比谷ランチ

宝塚歌劇はミュージカルが好きな方でも、好みは大きく分かれるところかも。他の劇団とは違う一種独特の雰囲気があり、それが嫌、という人もそこがいいのよ!という人も。食わず嫌いだけはもったいないです。

宝塚歌劇月組公演、夢元無双、銀ブラと日比谷ランチ

銀座4丁目交差点、銀座和光のショーウィンドウはフラミンゴのダンス♪

宝塚歌劇月組公演「夢元無双」とエキゾチックレビュー

今年3回目となる宝塚歌劇を鑑賞してきました。今回の公演は「夢元無双」宮本武蔵を題材にしたストーリーのステージとレビュー(ダンス)です。

ミュージカルを好きな方は多いと思いますが、宝塚歌劇となると好みが両極端かも。あの一種独特の雰囲気はどうも、という方も少なくありません。

特にファンというわけでは無いので、ひいきのスターや好きな組(宝塚には花、月、雪、星、宙、専科)はなく、日程があいチケットが取れた公演を見に行っています。

と言っても、人気の高い公演チケットを手に入れるのはなかなか大変です。

 

東京宝塚劇場入り口

さて、今回の公演「夢元無双」はご存知吉川英治原作の「宮本武蔵」から。また、月組の新トップ(男役、女役のトップスター)お披露目公演でもあります。

 

「夢元無双」の感想

宝塚歌劇月組公演 夢元無双 原作本宮本武蔵

原作本は読んだことがありませんので、勝手な想像ですが、

「あれ、小次郎(佐々木小次郎)ってこんなにいいヤツだったっけ?」(笑)

なんか、めちゃくちゃイイ男でかっこいいんですよね。なのに最後はあっけないほどさらっと敗れてしまった。そう、かの有名な巌流島の決闘シーン。

 

時折登場する白い鳥のような妖精のような謎の人物。個人的には「あれ、必要あるのかなあ」という印象なのですが、

一緒に行った娘の一言に納得しちゃいました。

「だって、宝塚だから」

確かにそうです。登場しないと「ただの歌があるお芝居(笑)」になってしまいます。

題材が題材ですからなにげに見た目地味ですからね。宝塚といえばやっぱり光り輝いていないと。オホホ。

 

レビュー・エキゾチカ

レビュー・エキゾチカ クルンテープ(天使の都)

「クルンテープ(天使の都)」と呼ばれるタイの首都を舞台に繰り広げられるレビューです。

エキゾチックな雰囲気が溢れていましたが、途中何故かラテン仕様に。

まあ、これも宝塚だからかなあ(笑)。

 

華やかなレビューにお約束のラインダンス、そして徐々に豪華絢爛度が増していき、最後のクライマックスへとド派手な階段が登場。

スターたちもトップに近づくに連れて、キラキラ度や背負羽が大きくなっていくのもお約束。

 

背負羽

「背負羽」というのは文字通り、背中に背負っている大きな孔雀の羽のようなもの。男役トップスターの背負羽は全長約2m、10kg~20kgもあるそうですよ!

(「宝塚背負羽」を画像検索してください。実に様々な羽たちが出てきます)

それを背負って電飾された階段の上から、スポットライトを浴びて降りてくるわけです。動くことで風圧もかなり受けるし、重労働(笑)だと思います。

 

トップになるほど増すキラキラ度

衣装のキラキラ度も、よく見ると微妙に違うのに気づくと思います。トップが一番キラキラ度が高いですよ。

3人で踊っている場合、たいてい真ん中がトップですから一番キラキラが付いています。ついで両隣の二人も割とキラキラ(笑)。3人以外はほぼキラキラなし、です。

 

宝塚のチケット料金

  • SS席12,000円
  • S席  8,300円
  • A席  5,500円
  • B席  3,500円

です。(料金の安い新人公演もあります)

B席は2階後方ですが、3,500円というのは他のミュージカル公演チケットと比較するとかなり安いです。

表情などはよくわかりませんが、雰囲気を楽しむには十分でしょう。

 

他の劇団や来日公演などのチケットでは、3階後方とかでも安くて5,000円、10,000円以上ということも少なくありません。

良席なら少々高くても仕方無いとも思いますが、もう少し手軽に鑑賞できる料金にしてほしいものです。

 

銀ブラとランチタイム

 

エルメス。ビルの屋上に注目♪

エルメスです。屋上左側に注目してみてください。何がみえるかな?

展示販売しているそうです。左はオリーブの木。

ビルの下の緑を拡大。展示、即売しているそうですよ。太い幹はオリーブの木です。

 

サンリオショップ

サンリオキャラクターショップ。久しぶりに覗いてみたら…可愛いものがたくさん♡。流石にもう持てませんが^^;

 

お約束の銀座木村屋本店でアンパンも購入♪

 

日比谷一軒まるごと産直飲食街

一軒まるごと日比谷産直飲食街

宝塚劇場そばの「一軒まるごと日比谷産直飲食街」へ。

ゴジラ像の後ろ側日比谷シャンテ向かい、ナチュラルローソンがあった地上3階地下一階建てのビルに、魚、牛、鶏、貝がそれぞれの階ごとに24時間楽しめます。 

日比谷シャンテ ゴジラ像

ゴジラ像ですよ(笑)。

 

今回は地下の貝○の丼ランチ。小ぶりの丼を2種類選べ味噌汁または吸い物がついて850円。 

選べる丼ランチ

 

カウンターの前にいたカニくん達

どれも美味しそうで迷っちゃいますよ。大衆居酒屋ですから日比谷の昼間、酒盛りをしているグループも。

仲間とワイワイ美味しいものを食べながら飲むのもいいな。

 

鹿児島県アンテナショップ遊学館

鹿児島県アンテナショップ24周年誕生祭

直ぐ側に鹿児島県のアンテナショップがあります。日比谷シャンテゴジラスクエアではこの日は広場で「24周年誕生祭」が開催されていました。

 

ゆるキャラのぐりぶー
ゆるキャラのぐりぶーがポーズを取ってくれました。

 

限定販売「LOVELY」フェスティバロの唐芋レアケーキ

限定販売「LOVELY」フェスティバロの唐芋レアケーキ

 

まとめ~ミュージカルは楽し、宝塚はまた楽し

「突然歌ったり踊ったりするミュージカルは無理、無理!」という友人もいるくらいです。

まあ、確かに昔のミュージカルを見ると「突然歌い出す」という表現がぴったりかも、ですが。

今のミュージカルは、歌がセリフ、踊りが演技としてなめらかに進行している(笑)と思うのですがどうでしょう。

初めて見るミュージカルが宝塚、というのもちょっと考えものですが、ハマる人はハマる。一つのエンターティメントとしてぜひ一度足をお運びくださいませ。

「Anのひとりごと」~今日も1ページ