ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

クレンズダイエットの方法と効果とは?朝だけ1週間でホントに痩せる?

ベルタ酵素ドリンク

プチクレンズダイエット、置き換えダイエットを実践して、その効果にびっくりの前回の補足。美容・健康法として人気のクレンズダイエットの注意点、ジュースとスムージーの違い、酵素の働きなどをまとめました。

クレンズダイエットの方法と効果とは?朝だけ1週間で痩せるのか?

朝だけクレンズ、1週間で痩せられる?

全ての食事をジュースに置き換えるのがジュースクレンズですが、初めてファスティングする方は、1日1食置き換えをオススメします。朝・昼・晩のどこかを1食置き換えてください。

朝だけの置き換えでも、1週間ほどで痩せる場合もあり、体の変化を感じ始める人もいます。

ただし、勘違いする方も少なくないのですが、クレンズを朝だけすることで痩せられるわけではありません。

適度な運動、栄養バランスのとれた適切な食事が,、ダイエットには不可欠であることも肝に命じましょう。

 

1日の始まりはコップ1杯の白湯から

健康によいとよく言われるのが、寝起きに一杯の白湯を摂ること。胃をあたため1日の活動の準備を整えます。そのあとでジュースを摂ると、クレンズの効果をより感じやすくなるでしょう。

体が慣れてきたところで、1ヶ月に1回の1日から2日の3食置き換え、もしくは朝だけ食事で、2食置き換えを2週間に一度などのクレンズを行ってみましょう。

より体内浄化の効果を得られやすく、またそれにともなって体重の減少もおこり、よりダイエット効果を実感できると思います。

クレンズダイエットの効果とは

生命活動にはエネルギーが使われます。食べたものを消化するためにももちろんエネルギーが必要です。

生命活動のすべてに密接に関わっているのが酵素です。酵素が十分働かないと、栄養を摂り入れても体の中でエネルギーとして作用しにくくなります。

クレンズダイエットは固形物を摂らず、ジュースと水だけで過ごしますので、消化器官を休ませ、消費エネルギーを節約することができます。

消化で節約されたエネルギーが、他の生命活動、体の再生に利用されたり、体内の老廃物や有害物質の排出を促進することに使われるようになります。

クレンズダイエットの効果とは、体内をクレンズすることで体の中からキレイにするための準備をしている、と言っても良いでしょう。

クレンズダイエットでは、コールドプレスジュースや酵素飲料で野菜や果物の栄養素を摂取し、クレンズ中の栄養をサポートします。

 

ファスティング、クレンズを行う際の注意点

コールドプレスジュース、または酵素飲料を利用します。水分をいつもより多く摂るように心がけましょう。

初めてなら朝だけ置き換えのクレンズをおすすめしますが、短期間で痩せたい場合は、1~2日のファスティングをおすすめします。

準備期間(クレンズ当日の2日前辺りから)と回復期の食事の仕方が重要なので注意してください。

準備が必要な理由

いきなりクレンズダイエットを始めると、体の様々な部分が栄養が入ってこない状態から、体を守るためにカロリー消費を抑え、痩せにくい状態になってしまいます。

前々日から

  • できるだけ水を多めに飲む
  • 野菜を中心とした消化、バランスのよい食事を心がける

前日お昼以降

  • 肉や魚またはその加工食品をたべないようにする

回復期の食事

  • デトックス効果で体の中がきれいになり、吸収しやすくなっていますので食事の摂り方には十分注意してください。

 

連続2日以上のファスティングをする場合の注意

48時間以上ファスティング、クレンズダイエットを行う場合は、専門家の指導のもとで行いましょう。準備期間はできれば1週間以上、時間がなくても3日感ぐらい取ります。

可能であれば1日1食、朝だけのクレンズを1ヶ月ほど続けてから行うと良いでしょう。

準備期間は和食中心の食事がおすすめ

準備期間の食事: 
和食中心で、脂、肉、アルコールは取りません。食材は「まごわやさしい」を目安に。

  • ま→豆類
  • ご→ごま
  • わ→わかめ(海藻類)
  • や→野菜
  • さ→魚
  • し→しいたけ(きのこ類)
  • い→イモ類

 

回復期の食事: 
スープやスムージーのような液体状のものから始め、おかゆのようなやらかいもの、薄味で脂質の少ない固形物へと、良質の栄養素を与え、少しずつ普通の食事に戻していきます。

ファスティングの期間と同じ日数おこないます。

準備期間と同じように和食中心の食事を1週間位続けると良いですね。

ファスティング後は五感も研ぎ澄まされるようになり、香りや素材の美味しさを楽しめるようになっていると思います。

 

リバウンドや体調不良を避けるために

クレンズで食事制限をするので、今すぐ痩せる目的には良いのですが、体が一時的に飢餓状態になっています。

脂肪をため込みやすくなっているので、回復期の食事をいきなり通常に戻してしまうと、リバウンドや体調不良の原因にもなります。

回復期間は最低1日間、必ず取るようにしてください。

 

クレンズダイエットとは

lose_weight_cleanly

前回もお伝えしましたが、ジュースクレンズダイエットとは何か、確認しておきましょう。ジュースクレンズはハリウッドセレブやスーパーモデルの間でブームとなった、美容・健康法です。

クレンズダイエットは、基本的にファスティング(断食)ダイエットと同じです。クレンズ(Cleanse)はキレイにするという意味があり、本来はダイエットが目的ではありません。

固形物を摂らず、ジュースから栄養を補給することで胃の負担を軽くし、体にたまっている不要な物を排泄し体の中をスッキリさせます。

結果を口コミ!酵素ドリンクでホントに痩せるか2日間試してみたより)

クレンズ中はジュース以外は摂らないことから、断食(ファスティング)のような効果もあり、ダイエットにも利用されていますが、食事制限が直接的な要因ではありません。

体の中をキレイにすることで体のめぐりや代謝アップなどを目指すことで、ダイエットに繋がるということです。

 

ジュースクレンズの方法

食事を新鮮な野菜や果物を使用したジュース*で置き換えます。

2日程度ジュースクレンズを続ける場合、1日1食、例えば朝だけ置き換えて1か月ほど続ける、と言った方法があります。

注意点

クレンズ中は基本的にジュース、水以外は飲みません。又、クレンズは2~3日程度にします。始める前の準備期間や、クレンズダイエットをしたあとの回復期の食事が非常に重要です。

間食は基本的にNG。ジュースを飲む量や回数には制限はありませんが、アルコール、炭酸飲料、カフェインなどは控えます。

どうしても空腹に耐えられない場合は、無添加のスムージーやスープなど、胃腸に負担をできるだけかけない消化の良いものを摂ります。

長期間続けず、必ず短期間だけにします。また、無理をしないことが絶対です。途中で止めることもときには必要です。1日1食の置き換えを続ける方法もあります。

具体的なクレンズダイエットのやり方2例を後述していますので、参考にされてください。

*代表的な飲み物は

  • コールドプレスジュース(通販で1日用6,000円程度)
  • 酵素飲料(ベルタ酵素ドリンクの場合1か月12,000円ほど)

があります。

コールドプレスジュースは自分で手作りすることもできますが、専用のジューサーが必要です。

レシピ参考:コールドプレスジュース cookpad

 

スムージーとコールドプレスジュースの違い

どちらも野菜、果物を使いますが、作り方が違い繊維質の量に差があります。

スムージー 
ミキサーやブレンダーで高速回転する刃で切り刻みます。野菜や果物の栄養をまるごととれ、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが豊富。とろみもあり満足感があるのでダイエット中に最適な飲み物です。しかし、

  • 材料に熱が加わる
  • 空気に振れて酸化が進む
ことから栄養素が少なからず失われてしまいます。

コールドプレスジュース 
スロージューサーと呼ばれる低速回転のジューサーを用いて絞ったジュースです。

  • 材料に熱を加えない(コールド)
  • 強い圧力ですりつぶす(プレス)

ので栄養素の破壊は最小限に抑えられます。絞りますので繊維質は取り除かれます。

 

クレンズダイエットに酵素飲料がおすすめの理由

今すぐ痩せたい人の間で、一時期断食ダイエット(ファスティング)が人気となっていましたが、断食中の栄養不足で体調不良を起こしたり、断食後の食生活に失敗してリバウンドなど、トラブルも少なくありませんでした。

最近は、断食前の準備食、回復期の食事の重要性が言われるようになり、ジュースや酵素飲料をファスティング中の栄養補助とするジュースクレンズダイエット、酵素ドリンクダイエットのブームが再到来しています。

今すぐに痩せたい場合、ジュースクレンズをするなら酵素飲料の利用をおすすめします。その理由は手軽さと継続です。

コールドプレスジュースと酵素飲料は、費用的にはそれほど差がありませんが、コールドプレスジュースは保管にある程度の場所を取りますし、新鮮なものを管理する手間もあります。

手作りジュースの場合は材料により費用に高低がある、味や品質に差がある、専用のジューサーが必要、掃除が大変と言ったデメリットが。

酵素飲料は、ワイン程度のビンが1本~3本のスペースが有れば十分ですし、いつでも手軽に飲めます。

 

置き換えダイエットのパターン

ベルタ酵素ドリンクのダイエットパックを使った置き換えダイエットのパターンと飲み方は前回詳しくお伝えしましたが、ここでは簡単に2つの例をご紹介します。どちらも1回で解約OKです。

自分のペースで1か月

▶通常ダイエットパック(酵素ドリンク2本、酵素サプリ1袋)

  • 最初の3日間:朝食と夕食をベルタ酵素ドリンクを60mlに置き換え、昼は炭水化物抜き
  • 4日目以降:朝、昼は炭水化物抜きの食事、夜だけベルタ酵素ドリンク60ml

 

集中的に体質改善

▶即ダイエットパック(酵素ドリンク3本、酵素サブリ1袋)

  • 最初の3日間:朝食と夕食をベルタ酵素ドリンクを60mlに置き換え、昼は炭水化物抜き
  • 4日目以降:朝食は酵素ドリンク30ml、炭水化物抜きの食事、昼食は炭水化物抜きの食事、夕食はまず酵素ドリンク35mlを飲み、30分後に食事

 

クレンズだけでは痩せられない

繰り返しますがクレンズダイエットを行うことで痩せる、のではありません。

痩せるためには適度な運動や、適切な栄養バランスのとれた食事を心がけることも必要不可欠です。

断食(ファスティング)で食事量を減らすと、殆どの場合脂肪は減りますが、筋肉も落ちてしまいます。筋肉が減ると代謝が落ち、体重が減らなくなる。

代謝をあげるには筋トレ、有酸素運動、バランスの取れた食事が必要であることを忘れないでください。特に運動をした日の夕食は良質のたんぱく質をしっかり摂りましょう。

運動で筋肉が収縮したり脳を働かせたりするのにも必要です。

ビタミンB1、B2(豚肉、魚介類、牛乳などに含まれる)は糖質の代謝に働きます。ビタミンCは疲労回復にも効果があり、クエン酸(柑橘類や梅干しなど)は糖質の代謝を促し脂肪燃焼を助ける働きがあります。

野菜も350gを目指しますが、クレンズ中は酵素飲料で野菜の栄養素を補うこともできます。

正しい方法で行うクレンズと運動、食事。これらのバランスをきちんと取り、きれいに痩せることを目指しましょう。

 

そもそも酵素とは

酵素の種類

酵素には、消化酵素、代謝酵素、食物酵素があります。

食べたものを消化したり、エネルギーを生み出したり、傷や病気の自己治癒機能など、生きるために酵素の働きが必要なのです。

栄養価の高い食事を摂っても酵素が十分働かないと、体の中でエネルギーとして働かなくなり、せっかくの栄養が役に立ちません。

消化酵素 
食べたものを分解し、栄養を吸収してエネルギーを作り出す

代謝酵素 
作り出されたエネルギーをもとに、新陳代謝や排泄、血液の循環、細胞の修復や再生、内臓器官の維持などを行う

食物酵素 
生野菜や果物に多く含まれています。直接酵素をふやすものではなく、体内の消化酵素の働きを助けてくれます。しかし、一つの酵素は一つの栄養素しか分解できません。例えば、

  • アミラーゼ  でん粉に働きブドウ糖を作る
  • プロテアーゼ たんぱく質に働き、アミノ酸を作る
  • リパーゼ   脂肪に働き脂肪酸を作る
  • セルラーゼ  食物細胞の細胞壁に働き、食物組織を崩壊する

など、それぞれの役割が決まっています。

脂ののったさんまやさばなどの青背の魚には、大根おろしが添えられていますが、大根おろしには、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼが豊富に含まれているので、消化されやすく、又、美味しく食べられるのです。

 

消化酵素と代謝酵素の関係

消化酵素が多く消費されればされるほど、代謝酵素の分泌が減ります。脂っこいもの、食べ過ぎなどで消化酵素がたくさん使われると、体内をキレイに保ってくれる代謝酵素が減ってしまうので、ダイエットどころではなくなります。

酵素については解明できていない部分が多く、学者によって諸説あるので一概にいえないのですが、食物酵素は体内の消化酵素の働きを助けてくれるので、体内の消化酵素の消費が抑えられ代謝酵素がより分泌されるようになると言われています。(これについては、次項を参考にされてください。)

消化酵素や代謝酵素、食物酵素のなかには単体ではうまく機能することができない酵素が存在します。

こうした酵素の働きを助けるのが補酵素です。ビタミンやミネラルが多く、コエンザイムQ10も補酵素の一種です。

 

2つの体内酵素と食物酵素の関係

エドワード・ハウエル博士(「酵素栄養学」の著者)は酵素を大きく以下の3種類に分けています。

  • 消化酵素(人間の体内にある)
  • 代謝酵素(人間の体内にある)
  • 食物酵素(食物に含まれる)

消化酵素は食べたものを身体が吸収しやすいように消化し、消化され分解された栄養素は小腸で吸収されて、エネルギーとなります。それを身体の中で働かせるのが代謝酵素です。

人間の生命活動全てに、無数の代謝酵素が働いていますが、「消化酵素を使い過ぎると、代謝酵素が不足する」とエドワード・ハウエル博士は提唱しています。

それぞれの元となる体内酵素の量は決まっているので、2つの酵素には密接な関係があり、一方が増えれば一方が減るということです。

例えば食べ過ぎると肌あれがおこったり、胃の調子が悪くなるのは、消化酵素が大量に消費されたため、代謝酵素が減ったため。

風邪をひくと食欲がなくなるのは、代謝酵素が病気と戦うためにたくさん使われるので、消化酵素が減るためと考えられています。

食物酵素は、消化酵素を節約して代謝酵素の量を増やし、代謝酵素の働きを助ける栄養素の役割をします。

消化酵素を節約することで、代謝酵素に余裕ができ、代謝や病気の予防といった働きを活性化することが可能となります。

参考:「酵素栄養学(キラーフード)」

 

今すぐやせたい!にクレンズダイエット

日本でもジューススタンドが多く見られるようになりました。スムージーやジュースクレンズはおしゃれな美容・健康法、ダイエット法として人気です。酵素飲料も多くのメーカーから販売されています。

短期間で痩せたい、今すぐキレイに痩せたい、という願望にピッタリだったのでしょう。

クレンズダイエットは短期集中型のダイエット方法として、例えば

結婚式まであと1か月、なんとかそれまでに痩せたい!

リゾートで水着になるので速攻痩せたい!

と言った今すぐ痩せたい状態のときのダイエット法としても、よく利用されます。キレイを維持する目的などで、1日1食朝だけや夜だけと言った置き換えダイエットにも利用されています。

 

まとめ~クレンズダイエットは美容・健康、キレイに痩せる

固形物を摂らず、コールドプレスジュースや酵素飲料で栄養を補うジュースクレンズは、本来体の中の老廃物や有害物質を排出し、体をリセットする美容・健康法です。

朝だけのクレンズ習慣を続けるなど、体に強い負担をかけない方法で行うことも一つの選択肢。

クレンズの過程でダイエットにも貢献しているのがクレンズダイエット。正しい方法で行うことで効果を感じやすく、今すぐ、キレイに痩せることも夢ではありません。

「Anのひとりごと」~今日も1ページ