ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

看護師(転職・仕事・悩み)関連カテゴリ-

看護師

看護師の仕事、悩み、転職などについてのカテゴリーです。看護師を辞めたいと思った時。転職を考えた時。仕事で行き詰まった時。など是非参考にされてください。

新人看護師あるある初体験~病院の恥ずかしい話、看護師と下の世話

病院では普通なら恥ずかしい事も日常的に行われています。例えば新人看護師が辞めたいと思う原因ともなる下の世話。セクハラまがいの患者さんのいたずらや、知り合いの気まずさなどなど。

看護師3年目のはやりやまいは転職?辞めたい病と留学病

どこの世界にも起こる3年目の壁の乗り越え方は様々。看護師は、転職、留学も。なぜ留学なのか、紹介による転職が何故多いのか、それは看護師という仕事の特性によるものかもしれません。

看護師の人間関係のストレスは価値観の対立も原因?辞めたい時の対処

看護師をやめたいと思う原因、人間関係のストレスは上司や同僚に限らず、患者さんとの価値観の対立でも起こりえます。対処法は様々ですが自身の価値観を見直し自分を変えることも大切です。

白衣の天使の腹の中~患者さんは敏感!能動的な聞き方のススメ

患者さんは看護師の言葉にならない言葉にとても敏感。患者さんが口に出す言葉のサインの後ろにある本当の思いを読み取り、能動的な聞き方をすることが効果的な治療や看護につながります。

病棟看護師の役割~患者さんの沈黙が意味するもの

病棟看護師の役割は、患者さんの入院生活、治療のQOLを高めるための看護です。そのためのコミュニケーションは重要ですが、患者さんの沈黙が意味するものを正確に捉える力も必要です。

もう結婚できない、将来が不安…予期不安の看護師に付ける薬

結婚できないという不安は、看護師に多いです。根が真面目で自分に厳しすぎる人が感じやすい予期不安。想像する悪い結果とは正反対の良いことを紙に書く、ポジティブ思考が有効な薬です。

後悔しないためのキャリアプラン~看護師の転職で失敗しない考え方

看護師の転職で失敗する例は、自分のキャリア・アンカーがはっきりせず、キャリアプランを考えていない場合が多いです。看護の仕事で大切にしている価値観や要求を明確にしてみましょう。

看護師のキャリア開発~中高年看護師の役割と潜在看護師への期待

中高年看護師には、新人看護師や役職のある看護師にはない重要な役割があります。ブランクのある潜在看護師にも、期待される役割が。キャリアアップ、キャリア開発を考えることも必要です。

新人看護師の転職、リアリティショックと辞めたい理由

リアリティショックは5月病のようなもの。新人看護師の多くが罹り治っていきますが、長く続くと離職、転職。辞めたい理由から見えてくるワーク・ライフ・バランスについても考えます。

看護師転職、面接で他の応募者に差をつけるコツ~補足

転職は縁とタイミング。看護師転職の面接で他と差別化するには、マニュアル通りのつまらない受け答えをしないこと。そのためにどんなことに注意したらよいのか、ポイントを補足します。

看護師転職で面接質問の定番Q&Aと知りたいことを聞き出すコツ

看護師の転職面接は定番の質問がほとんど。予め自分なりの回答を考えておくのがコツ。基本のマナーや面接の流れも確認。面接はあなたが転職先をより良く知る機会でもあります。

職務経歴書で自己PR~採用担当を惚れさせる職歴の書き方

職務経歴書はあなたのキャリアの特色を自己PRして、応募先でどんな貢献ができるのかをアピールするための書類です。添え状も加え、採用担当者の印象に残る職務経歴書の書き方を伝授。

看護師のブランクと復職、転職~再就職で重視する条件とは

出産や育児などで現場を離れた看護師が再就職をしようと思った時、一番大きな不安はブランクでしょう。ついで家事や育児との両立。再就職で重視する条件にもそれは現れています。

一目惚れさせる!履歴書自己PR~転職成功のコツは自分を高く売る

似たような履歴書ばかりに採用担当者も選びようが無いかも。転職成功のコツは一目惚れさせる履歴書で自己PRをし、他の応募者と差別化する、いわば自分を高く売ることです。

転職で損をしない退職後の手続き~社会保険の手続3つのケース

転職は退職後の社会保険などの手続きを知らないと損をします。無保険だと病気やケガをした時、全額自己負担、出産一時金の受け取り忘れたり。失業給付も支給額に差が出ることもあるのです。

看護師適性と転職~ある看護師のメモ

看護師を辞めたい理由の一つが、看護師には向いていないのでは、という思い。転職に成功したAさんが考えた看護師の適性について、自分なりに考えてみてください。きっと何かが変わるはず。

心の病気~ストレスを感じやすい考え方3つのタイプと対処

看護師は過酷な業務や人間関係で心の病気になる人も少なくありません。発病にはストレスが大きく関わっています。ストレスを感じやすい考え方には3つのタイプがあります。

白衣の天使は幻想?看護師あるある虚像と実像

白衣の天使は虚像か、実像か。看護師だってイラツイたりムカついたり、いじわるをしたり、恋愛で泣いたりしますが、患者さんにとっては一番身近な頼らざるを得ない存在だから天使なのかも。

会議のマナー5つのポイント~新人看護師が会議で失敗しないコツ

看護師も会議やミーティングがあります。新人看護師は迷うことやわからないこともあるでしょう。何事も経験です。まず基本的なマナーを覚えて積極的に参加していきましょう。

コミュニケーションスキルを磨くにはアサーティブが重要

看護師のストレスの原因の一つ、人間関係特にコミュニケーションスキルを考えます。お互いを認め合うアサーティブ、言語によらないノンバーバル、状況により異なる意味などを考えます。

パワハラと暴力~看護師辞めたい~そして誰もいなくなった

パワハラや暴力で看護師辞めたいと感じる看護師も多い。これは看護師個人の問題ではなく組織的に取り組むテーマ。安全配慮義務を守ることは、看護師だけでなく病院を守ることでもあります。

転職先の探し方~人材紹介を利用するメリット・デメリット

新人看護師の辞めたいを防ぐ、師長のマネジメント能力についてお話してきましたが、様々な対処にもかかわらず、離職し、転職する看護師は少なからず出てきます。離職を決断した看護師が転職先を探す方法は2通り。今回は転職活動についてお伝えしましょう。

看護師辞めたいを防ぐ~人材育成・疲労と感情のマネジメント

新人看護師の離職を防ぐには、師長が人材育成、疲労と感情のマネジメントをどのように行うかが大切。ねぎらいや尊重、ほめる、傾聴するなどで信頼や安心を。叱るときにもコツがあります。

マネジメントとは~看護師辞めたいを防ぐ師長のマネジメント能力

管理者のマネジメント能力次第で、新人看護師のメンタルヘルスの不調を改善し、離職を防ぐことが可能です。どのような点に注意すれば良いか、また、上手なマネジメントとは。

メンタルヘルスの不調6つのサイン、心の叫びを見逃さない

メンタルヘルスの不調から病気、離職につながらないためには、看護師の心の叫び、不調の6つのサインに気づくことが大切。それには普段からのパフォーマンスも理解する必要があります。

莫大な損失!看護師辞めたいを防ぐ組織で取り組むメンタルヘルス

新人看護師が残らない、中堅が辞めていく。こんな職場はメンタルヘルスに目を向ける必要があります。看護師にも経営側にも大きな損失となりえる看護師辞めたいを防ぐには。

間違いだらけの「会話術」ことばに現れる看護師の品格

言葉づかいは、使う時と場所、使い方を間違えると仕事が滞ったり、患者さんに不快な思いを与えたりします。人生が変わる、変えることもある看護師の品格を表す会話術、あなたは大丈夫?

組織で取り組む成功する新人教育~看護師辞めたい病を防ぐコツ

離職率の高い看護師の辞めたいを防ぐには、組織で取り組む新人の育成法が効果的。プリセプター個人の頑張りだけに頼るのではなく、ベテラン、中堅もかかわることが重要です。

求人票の意外とわからない9つの疑問~看護師転職求人票の読み方

人事紹介会社などを利用せず、自分で転職先を探すのに、情報源となるのが求人票です。しかしよく見ると曖昧な表現も。転職を失敗しないために求人票のウラの情報を読み取る方法です。

失敗しない転職履歴書の書き方と面接~看護師の採用担当は何を見る?

転職の際、応募者と採用担当との最初の接点が履歴書。採用側が見た第一印象が決まる履歴書の書き方、面接のポイントは、一緒に長く働ける人かどうかということを判断する材料でもあります。