ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

健康(予防、治療、知識)関連カテゴリー

健康

病気の予防、治療、知識などをなるべくわかりやすく解説しています。体の部位別や、痛みや不調の種類によって、さらにカテゴリを分けていますが、病気や不調はそれぞれが複雑に影響しあっていることが多いです。
知りたいことで適切な記事が見つからない場合は、他のキーワードで検索してください(検索窓をご利用ください)。
健康を維持するために意識することや、心がけたいことにも折々触れていますので、是非参考にされてください。

機能性ヨーグルトの種類と効果・選び方~妊娠前の腸内環境改善のメリット

妊娠前の腸内環境の改善には多くのメリットがあります。整腸作用だけでなく免疫などにも関わるヨーグルト。機能性ヨーグルトにも様々な種類があります。何を選べば良いのかその目安として、機能性や乳酸菌サプリなどについてお伝えします。

妊婦の栄養・食生活~体重管理と健康維持に食事とサプリを考える

妊娠中の栄養バランスや食生活は妊婦自身だけでなく、胎児にとっても重要であり、妊娠中の健康維持と体重管理を意識した食生活が重要です。必要な栄養も増えますが、カロリーオーバーに注意!

妊婦の便秘におすすめの運動具体例~産後ダイエットも楽になる?

妊娠中におすすめの運動の具体例です。便秘の解消・予防だけでなく妊婦と胎児の健康にも深く関わる運動を、安全に無理なく続けることが大切です。産後ダイエットにも役立ちます。

妊婦の便秘解消、妊活中の痔になかをきれいにする麹の酵素サプリ

妊婦の便秘、痔は深刻。妊活にも影響します。痔の予防は便秘にならないことが一番!体のなかからきれいにして便秘を解消する、ダイエットにも話題の麹菌のサプリがあります。

便秘の薬で便通の改善~頑固な便秘には市販薬より処方薬が効く?

便秘になるとまず市販薬を利用する人も多いですが、便秘の種類によって使われる薬は異なり、大きく分けて2種類あります。便通の改善に処方される薬について、特徴や副作用などを知っておきましょう。

産み分けの確実な方法はゼリー?排卵・行為のタイミング&禁欲?

産み分けの確実な方法はありませんが、ゼリーの利用や、排卵日・行為日のタイミングを計ったりすることで産み分けに取り組むことも可能です。その根拠や産み分け方法について調べてみました。

ダイエットの食事摂取量と栄養素~注意点は塩分摂りすぎ野菜不足

ダイエットをする際には、食事からの摂取量が懸念されている塩分の摂り過ぎ、不足が深刻な栄養素について知識を持ち、食べ方の工夫などで食事から必要な栄養素を摂ることが重要です。

健康的な食生活で体重管理~食べ過ぎによる肥満や痩せすぎを防ぐ方法

健康的な食生活を体重変化とBMIを指標とし、理想の体格づくりで健康長寿を目指す!肥満は万病のもとですし、低栄養、特に高齢者は筋力の衰えから転倒や寝たきり、免疫の働きの低下などのリスクが高まります。

クレンズダイエットの方法と効果とは?朝だけ1週間でホントに痩せる?

クレンズダイエットは食事制限が要因ではなく、ファスティングで体の中をキレイにし、めぐりや代謝アップを目指します。その結果ダイエットにも繋がり美容・健康にピッタリ!クレンズダイエットを更に詳しく。

結果を口コミ!酵素ドリンクでホントに痩せるか2日間試してみた

酵素飲料を利用したジュースクレンズ、置き換えダイエット。短期集中のファスティング、断食にトライ!食べなければ体重が減るのは当然ですが、健康的に痩せるコツの一つがクレンズかも、と感じています

スムージーで健康づくり、悩み別の手作りスムージーレシピと材料紹介

置き換えダイエット、美容と健康にとおしゃれで大人気のスムージー。材料の組み合わせは無限の手作りスムージーの中から幾つかご紹介します。あなたの悩み、目的に併せたレシピを見つける参考にどうぞ。

スムージーの種類18点飲み比べ!ダイエットスムージーなら通販で!

置き換えダイエットとしても大人気のスムージー、多くの種類の中から18点飲み比べ!味、手軽さ、栄養バランス、価格などを総合的に判断して、ダイエットスムージーなら通販をおすすめします。

ぽっこりお腹の内臓脂肪を落とす食事と運動~動脈硬化を防ぐ生活習慣

内臓脂肪型肥満はポッコリお腹の見た目だけでなく、動脈硬化など生活習慣病が連鎖するメタボリックドミノにも。動脈硬化を防ぐ生活習慣を意識し、内臓脂肪を落とす食事とややきつめ運動についてご紹介します。

世界一簡単な体幹トレーニング~加圧シャツ女性用やってます!

肩こりや腰痛の改善、ダイエットにと夢のような効果が期待できる、かも。の加圧インナー、エクスレンダーのご紹介と、加圧トレーニングや体幹トレーニングが健康やモテボディにどのように関わるのかお伝えします。

肩こりの正体みたり!肩こりを和らげるには原因にあった治療を

肩こりは原因を見極めて治療することが大切。また、日常でも肩にかかる負担を少しでも軽くするような工夫や意識してストレッチを継続するなど、セルフケアも肩こりの軽減や予防につながります。

神経や血管の異常で起こる肩こり対策はブロック注射と血流の改善

神経や血管の異常も肩こりの原因の一つです。血流が低下して筋肉の疲労が肩こりとして感じることは多いと思いますが、神経も同じように肩こりを起こします。神経はブロック注射、血管は血流の改善で肩こり対策を。

筋肉疲労の蓄積が肩こりの原因~女性に肩こりが多いのは筋力不足?

肩こり、というと大抵は肩周りの筋肉の痛みをイメージしますね。筋肉の疲労が取れずにたまっている状態も肩こりの原因です。肩関節の構造(懸垂関節)も大きく関わっています。女性に多い筋肉疲労からの肩こりの予防と対策を。

肩こりは首のせい?肩こりの原因と対策に注目される体の異常とは?

なぜ肩がこるのか。肩こりの原因は体の4つの部分の異常にあり。骨、特に首の骨の変性が原因で起こる肩こりのメカニズム、日常生活で気をつけたいことや肩こり対策を確認。

税金還付は知らないと損!薬の医療費控除セルフメディケーションとは

医療費控除は年額10万円を超えないと適用されませんが、市販の薬の購入額1万2千円を超えた分の税金還付を受けられるかも。今年からスタートしたセルフメディケーション税制です。損をしない医療費控除申告、今すぐ確認!

野菜とスムージー~生活習慣病予防、糖尿病、ダイエットとの関係

肥満、生活習慣病の予防、改善に役立つ野菜ですが、1日野菜350gとは。野菜不足はスムージーや青汁で補える?野菜の働きと肥満など生活習慣病や糖尿病の予防との関係を確認しましょう。

室内でも熱中症!備えあれば憂いなし、熱中症の予防と対策

熱中症が起こりやすい環境や気候について知識を持つことで、熱中症の予防対策を。熱中症の疑いがある場合の対処法についても確認してください。発症しても軽症の段階で適切な対処をすることが重要です。

葛の花サプリ3ヶ月め→美味しいスムージーで脂肪を減らす!

脂肪は減ったか!シボヘール、3ヶ月目の途中経過。4ヶ月目からは、同じく葛の花由来イソフラボンの脂肪を減らす機能性表示イージースムージーに挑戦。見た目はなんですが、香りもよく飲みやすいスムージー、期待できそうです。

女性といぼ痔~痔を早く治す方法はとりあえずお尻を温めること!

痔の患者さんの約半数はいぼ痔です。いぼ痔の女性も多いということで、妊娠・出産もその原因です。いぼ痔を早く治す方法、とりあえず自宅でできることは患部を温めること。生活習慣、食生活の改善で便通異常を治すことも大切。

痔を持つ女は恥ずかしい?女性の痔の痛みと便秘の悪循環を断つ方法

痔の悩みを持つ女性は多いのですが、恥ずかしい、忙しいなどで治療をしていない方も。痔の主な原因は便秘。生活習慣を見直し便通を改善することで症状を緩和することも可能です。便通に効くサプリや薬の利用も良いでしょう。

乾癬はうつるという誤解はやめて!ストレスが辛い皮膚の病乾癬を悪化

モデルの道端アンジェリカさんの報道で話題になった乾癬。患者数は43万人とも推計されています。乾癬はうつると誤解され、ただでさえ辛い皮膚病が精神的ストレスで重症化することも。治療にはまず正しい知識が広まることが課題です。

便通の記録をつけよう!出るものチェックは健康のバロメーター

健康のために何を食べるかも大事ですが、出たものをチェックするのも大事です。便通は健康のバロメーターの一つ。毎日記録することで、不調や病気をいち早くキャッチし対処することが可能となります。

腰痛を治すには?普段の姿勢と運動で腰の負担を減らし腰痛改善!

肩こり同様腰の痛みに悩む方は多いですが、腰の痛みを治すには、日常生活で腰に負担がかかる姿勢や動作をしていないかまず見直してみましょう。その上で、腰の周りの筋肉を鍛える運動を行うことも大切。

辛い肩こりを解消するには~日常生活の姿勢改善、生活チェック!

辛い肩こりは特定の姿勢や仕事の疲労などが原因と考えられますが、実は日常の姿勢や動作にも肩こりの原因は隠れています。日常生活で正しい姿勢を意識四季膳することで、肩こりばかりか腰痛の改善にも。まずは生活チェック!

血管を広げることで血圧を下げる薬~カルシウム拮抗薬とは

血圧を下げる薬には血管を広げる薬と血流量を減らす薬があります。高血圧、狭心症、不整脈などの治療で使う血管を広げることで血圧を下げる薬、カルシウム拮抗薬について飲み方の注意点、薬の特徴など確認しておきましょう。

血液をサラサラにする薬、血栓予防薬を使うのはどんな時?注意点は?

血管が詰まって起こる血栓症は、脳梗塞、心筋梗塞など重篤な病気の要因となります。血液の流れが悪くなる要因がある人は特に、血液をサラサラにする薬血栓予防薬、抗血小板薬と抗凝固薬について知識を持つことは大切です。