ナースほど誇れる仕事はありません

ナースダイアリー・超忙しい看護師のひとりごと

料理下手の彼女を劇的に改善する方法!味覚障害を直す

f:id:lady-jhones:20160331233918p:plain

食は、生活の質や健康に、良きにせよ悪し気にせよ、大きく関わっています。

「味がわからない」「味がおかしい」など味覚障害が原因で、家庭がギクシャクしたり

料理下手の彼女はねえ…と結婚に影響することもある。

 

本人だけでなく、周りにも大きな影響がある味覚障害、味覚に異常を感じたら、なるべく早く受診してください。

 

 

味覚障害の原因、症状、治療法

味覚障害は、加齢によって起こりますが、最近は若い人でも食生活の乱れなどもあり、味覚障害の人が増えています。味覚障害の症状、原因と治療法をまとめました。

 

亜鉛不足、風邪のウイルス、喫煙、うつやストレスなどでも味覚障害の症状があることもあり、治療にはまず、検査を受けることをオススメします。

 

早く治療を開始すれば、それだけ効果も早く現れます。

まだ数は少ないですが、味覚外来がある医療機関もあります。通常は味覚に異常を感じたら耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

味覚障害はこんなトラブルも引き起こす

従来、加齢によって味覚障害を起こすケースが多かったのですが、生活スタイルの変化、特に若い人の食生活の乱れや、ストレス社会などが原因の味覚障害も増えています。

 

突然料理の味がおかしくなったので、指摘したら家庭崩壊につながってしまった、彼女の料理が不味すぎて、結婚をためらっている、なんていうことも現実に起こっています。

 

味覚に異常があると、食事が味気なく満足感が得られなくなって、生活の質が低くなります。それだけでなく、食欲がなくなって、大量や免疫力も下がってしまう。

 

また、味がわからなくなるので、塩分や糖分の摂りすぎにもつながり、高血圧、糖尿病などの生活習慣病を、悪化させることもあります。

 

料理下手の彼女は、味覚障害だった

手料理をよく作ってくれる彼女がいるA君の悩みは、彼女の料理がまずいこと。変な味だったり、濃すぎたり。しかも外食するのが好きではない。

 

一生懸命作ってくれる、可愛い彼女なんですが…

 

仕事にかこつけて、なんとか外で2、3回食事をする機会を作ることができました。頑張って美味しいと評判のお店をチョイスしたのですが、どの料理も彼女は美味しくなさそうなのです。

 

A君は、勿論美味しいと思っていたので、「彼女の味覚がおかしいのでは、手料理がまずいのは、味がわからないからなのでは」、とそれとなく彼女に味を聞いてみると。

 

やはり、味覚はおかしい。塩みを「辛い」と表現したり、「薄味過ぎて…」というのです。

 

その後耳鼻科で味覚障害と診断され、治療を開始した所徐々に回復して、半年後は美味しい手料理を作ってくれるようになったとか。

 

味覚障害を直したことで、料理下手が一転、毎日美味しいものを作ってくれるので、少々お腹が…

 

もともと家庭的な彼女でしたので、唯一の問題も解消し、結婚することが決まったそうです。今はダイエットを考えたメニューを勉強中だとか。

 

A君が彼女の味覚障害に気づかなかったら、ハッピーエンドはなかったかも。

 

味覚障害と診断されたら

基本の治療は、亜鉛製剤で、すぐに味覚が回復するわけではありませんが、7~8割の患者さんが効果を実感します。個人差はありますが、回復には3~6か月程度はかかります。

 

亜鉛製剤の服用が治療の基本

亜鉛製剤の服用で不足している亜鉛を補い、味蕾(みらい)の再生を促して味を感じやすくします。血液検査で亜鉛不足がなかった場合も、亜鉛製剤で味覚機能の改善を目指します。

 

亜鉛製剤が基本で、原因によって他の治療を加えたり、原因を取り除く対処法を行います。

 

亜鉛を多く含む食品

  • 牛肉
  • レバー
  • 乳製品
  • 魚介類
  • しいたけ
  • 海藻類など

日本人の平均摂取量は、必要量の半分程度と非常に少ない。亜鉛を多く含む食品を積極的に摂りたいですね。

 

 

うつやストレスが原因の時

抗うつ薬、こう不安薬の使用、カウンセリングなどを、精神科や心療内科と連携して心の治療を行います。

 

薬が原因

その病気の担当医と相談しながら、不要な薬がないか見直し、種類や量を最小限に整理します。

 

 

味覚障害の検査

まだ数は少ないですが、味覚外来がある医療機関もあります。通常は味覚に異常を感じたら耳鼻咽喉科を受診しましょう。

  • 電気味覚検査
  • ろ紙ディスク法

で舌の神経の働きや感じる味の強弱などを調べます。

 

電気味覚検査

舌に電極をあて、どの部分がどの程度の味を感じるか、舌の神経の働きを調べます。5から10分程度で検査ができます。

 

舌の6か所に電極をあて、味を感じたら手元のボタンを押す検査です。電流の強さを変えて行い、舌のどの部分が、どの程度の強さの味を感じているかを調べます。

 

ろ紙ディスク法

甘み、塩み、酸味、苦みの味がついた溶液(濃度は5段階)を浸したろ紙を舌の上に乗せ、4種類の味を感知できるか、どの段階で味を感じるかで、味覚の状態を判断します。2~3段階目で味がわかれば、正常です。

 

その他、血液中の亜鉛の量を調べるため、血液検査も行います。

 

 

味覚障害の原因と症状

味覚障害は

  • 舌(味を感じる)
  • 神経(感じた味を脳に伝える)

に原因がある場合に分けられます。

 

神経に問題が生じるのは、

  • 脳卒中
  • 脳の外傷
  • 耳の手術の合併症

等の場合ですが、多くは舌に問題があります。

 

多くは亜鉛不足が原因

加齢や食生活の乱れなどで亜鉛が不足すると、味蕾*の細胞が再生しにくくなり、味蕾の数が減って味覚に異常が現れます。

 

味蕾(みらい)

味を完治する小さな器官。舌の表面にある乳頭と言う、細かい無数の突起の中にたくさんあります。1つの味蕾で甘み、塩み、酸味、苦味、うまみをすべて感じることができます。新陳代謝が非常に活発で、7~10日で新しい細胞と生まれ変わります。

 

薬の作用で排泄される亜鉛

亜鉛は、様々な薬の作用で、特定のたんぱく質と結合して排泄されてしまうことが有ります。

 

抗がん剤が最も多く作用しますが降圧剤など、長期間服用する生活習慣病の薬が原因となり、亜鉛不足になることもあります。

 

そのほか

  • 胃や腸の呪術後に胃腸からの亜鉛の吸収が減る
  • 糖尿病、肝臓病、腎臓病などの全身疾患

で亜鉛不足になることも。

 

また風邪のウイルスや喫煙などで味蕾がダメージを受け、味覚障害を起こすことも、

 

うつやストレスでも味覚障害の症状が現れることもあります。この場合、検査をしても味蕾や神経の機能は正常なことが多く、味を感じる脳の働きが変わることが、原因ではないかと考えられています。

 

症状は

味覚障害の症状は大きく分けて次の2つです。

  • 味が薄く感じる
  • 味が全くわからない

味覚の異常が少しずつ進んでいると、自覚症状がなく、気づきにくい。いつも通りに調理しているつもりでも、味を薄く感じるので、家族から「最近味付けが濃くなった」と言われて、はじめて気づくこともあります。

  • 何を食べても全く味を感じなくなると、食べる楽しみを感じられなくなり、食欲も落ちてしまう。また、
  • いつもと味が違って感じる
  • 塩辛いを苦いと感じる、というように本来の味とは違う味に感じる
  • 口の中に何もないのに、苦みや甘みを感じる
  • 食べ物や飲み物が嫌な味に感じる

などの異常が表われることもあります。

 

まとめ

食べることは、単に命をつなぐための手段ではなく、健康で、美味しい、楽しい、と言った生活の質を高める要素でもあります。

 

味覚障害があると、様々な影響が起きます。時間はかかりますが大抵の場合亜鉛製剤の服用で回復が可能です。

 

美味しいものを楽しく食べて、人生を豊かにし、健康も維持していきたいものです。

 

 

「ナースのひとりごと」~今日も1ページ