健康と日々の徒然~Anのひとりごと

心と体の健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

もういない 虹の橋を渡ったあなた

もういない 虹の橋を渡ったあなた

あなたは もう いない
車をおりると 自然に見てしまう 窓の中には
いつもくつろいでいる ソファーの上には

あなたは もう いない
パソコンに向かう 私の後ろには
私のベッドの ど真ん中には

ふと気づくと
いつものように あなたの姿を 捜している
いつも 私を 捜していた あなたを

 

あなたは もう いない
あなたがいる世界は 虹の橋の向こう

私が虹の橋を渡るときには 橋のたもとまで迎えに来て
虹の橋の向こうの世界を 案内して

一緒に 新しい冒険の旅に 
世界中を 旅しようね
足取り軽く 鼻歌を歌いながら

美味しいもの たくさん食べようね
疲れたら いつものように 身体をよせてきて
夢を見ようね 一緒に


いつまでも一緒だよ

ココ 素晴らしい15年間 ありがとう

 

愛犬が虹の橋を渡りました

唐突な詩(笑)の投稿で失礼いたしました。
9月6日(火)愛犬が虹の橋を渡りました。

最後は私の腕の中で、眠るように旅立っていきましたが、
「当日もっと早く気づいていれば」
「〇〇してあげれば」
などと思い始めるとなんともやるせない気持ちで、後悔の念が次々と。

当事者となると、おそらく誰もが思うことなのだろうと感じてはいます。

ちょっとペットロス状態なのかも。


ココは飼い主が亡くなり、殺処分されるところを保護団体にレスキューされた元保護犬です。
トイプードルのmix犬、黒色ですがおばあさんになって頭はすっかり白髪に。

 

縁あって家族になり15年間、たくさんの思い出を残してくれました。

本当にありがとう。
思い出すと辛いですがココと一緒に過ごした15年間は、何物にも代えがたい幸せな記憶です。

 

これからはその記憶を心にとどめ、再会の日まで過ごしていこうと思います。

遺骨カプセル キーホルダー

遺骨カプセルです。中にガラス管。ココの耳とおなかの毛、小さな遺骨が入っています。

ペット用の骨壺に遺骨を入れ、仏具もそろえました。

私が会いに行くまで家でお祀りしていきます。


最後にこの投稿を読んでくださった方に、感謝とお詫びを申し上げます。
ありがとうございました。
そして、全く個人的な感傷にすぎず、お騒がせしてすみませんでした。

Anのひとりごと~15年間の思い出の1ページ