ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

看護師が教える氷枕の正しい作り方と使い方


f:id:lady-jhones:20151209041652j:plain



病院ではクーリングには欠かせないアイテムですが、家庭では保冷剤利用のものが主流で、殆ど見られなくなった氷枕。若い看護学生も、実習で初めて目にすることも多くなりました。

氷枕の良さを知ってもらい、家庭での発熱時や、熱帯夜のクーリングなどに活用して頂きたい。看護学生や新人ナースに教える、氷枕の作り方と理想的なケアの方法をお伝えします。

ご家族の急な発熱には、ぜひ氷枕を活用して楽にしてあげてください。

 

理想的な氷枕の作り方3つのポイント

単に氷と水を入れただけですが、氷枕はなかなか奥が深いアイテムです。氷枕を作る時のポイントとなるのは

1.氷
2.水
3.空気

の3つの量。


氷の量は容量の半分か3分の2まで、空気が発生したら抜くことです

 

理想的な作り方

氷は氷枕の容量の半分から三分の二
水はコップ1~2杯
空気を抜く

*四角い製氷皿などで作った氷は、角が当たると痛いですから、水をかけて角をとっておきます。


この作り方をすれば、程よい冷たさを持続させ、使い心地も良い氷枕の出来上がり!

それぞれのポイントの詳細もどうぞ。なぜその量なのか、「なるほどと!」とガテンがいくので、作り方がきっちり覚えられます。

1.氷の量: たくさん入れたほうが長持ちするのでは?

氷が少ないとすぐ溶けてしまう
何度も作りなおすのが大変だから、つい多めにいれてしまう

と言った理由で容量いっぱいに氷を入れてしまいがちですが、氷が溶けた時に、空気が発生して冷却効果が低下するし、フワフワして安定性もよくありません。

氷の角を取るのは、ゴツゴツしていて使い心地がよくないのと、器具を傷つける可能性があるからです。

 

2.水の量: そんなに少しでいいの?

氷枕に水をいれる理由は、氷と氷のすき間を埋めるため。氷の間に熱伝導が低い空気があると、十分な冷却効果を得ることが出来ません。

氷で水を冷やすのではないので、水の量は氷のすき間を埋めるだけ有れば足ります。なのでコップ1~2杯で十分です。

 

3.空気を抜く: 空気が有ったほうが痛くなくていいのでは?

口を留め金で締める前に空気を抜くのは、安定性を良くするためでもありますが、熱伝導が低い空気を抜くことで、冷却効果を高めるためでもあります。


氷の量が決められているのにはわけがある

氷の中には、圧縮された空気の泡、気泡がふくまれています。氷が溶けて水になると空気が発生するので、氷の量が多ければ空気の発生量も多くなる。

つまり、氷の量が多いほど、氷枕の中に溜まる空気も多くなり、空気は熱伝導が低いので、冷却効果が低下して安定性も悪くなるのです。


実際に氷の量を変えて比較してみた結果

①氷を容量の半分と500mlの水
②氷を容量いっぱいと500mlの水

作成直後、1時間後、2時間後に「使用感」「冷たさ」「氷の溶け方と空気の量」を比較

氷の溶け方: ①は2時間後にはすべて溶けていましたが、②は4時間後でも残っていました。
空気の量:  ②のほうが①より明らかに多く発生
冷たさ:   ②のほうが氷が多く残っているにもかかわらず、冷たさを感じない
使用感:   ②は空気が多くフワフワシエ安定感がない

新人ナースは、一度は失敗する?

実は、病棟ナースになったばかりのころ、氷枕で失敗したことが有ります。あまり頻繁に変えるのも、患者さんにとって落ち着かないのでは、と氷を容量いっぱい入れた氷枕を差し上げたのです。

氷が解けて、空気でパンパンになるなんて、知らなかった。

 

膨れた氷枕(すでに冷たくさえない…)で頭が安定せず、だんだん頭痛がしてきて船酔い状態になられた患者さんから、「気分が悪い」とナースコール。

病状が悪化したのかと、大慌てのわたしに、先輩ナースの一言。「氷、いっぱい入れたでしょ」

 

その時に、正しい氷枕の作り方を、上記の実際に比較したデータも合わせて教えていただき、理想的なケアの方法を知ったのでした。


氷の量が多い氷枕はめまいや頭痛に繋がることもある

空気の発生が多く、フワフワして安定性の無い氷枕で寝ると、頭痛がしたり、船酔いのような、めまいを感じることがあります。

それでなくとも、頭の安定が悪くて安眠出来ません。

氷を容量いっぱい入れた氷枕は、氷が溶けにくくても、使い心地やよくないし、効果的でも無いということです。

ちなみに、氷が溶けて発生した空気を途中で抜くことで、表面温度が5度ほど低下しました。

 


まとめ

氷の量は容量の半分か3分の2まで、空気が発生したら抜く


正しい作り方を知らないと、頭痛やめまいをおこしたり、不快で安眠できなかったりもしますが、3つのポイントに注意するだけで、家庭でも理想的な氷枕が簡単に作れる!

理想的な氷枕は、冷蔵庫で冷やして使うタイプのものに比べても使用感もよく、一度使ったら手放せなくなります。

病棟では、何度も作りなおすのが「大変」ではなく、ひんぱんに患者さんのところに行くことで、発熱などで苦しんでいても、看護師に「見守られている」とう安心感を与えられると考えられますね。

 

画像出典: 東京 YMCA 医療福祉専門学校「介護福祉科」の日記


「ナースのひとりごと」~今日も1ページ