ナースほど誇れる仕事はありません

心と体の健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

health-予防・治療-認知症

犯人は嫁!家族が認知症になった時の対応と家族の健康を守るコツ

家族が認知症になったら…妄想や暴力などで介護者が憔悴するケースも少なくありません。ちゃんとしなくちゃ、と何から何までこなそうとせず、自分や家族の健康も考えることが大切です。

介護をする側、される側、認知症の対処を楽にするためのコツ

認知症の人の介護は高齢化社会、核家族化が進み、老々介護も問題です。介護疲れで痛ましい事故や事件が起こらぬよう、介護する側、される側、ともに認知症の対処を楽にするコツ。

ボケ防止にデュアルタスク~MCIのための認知機能回復運動

思考力を働かせながら運動するデュアルタスクは、記憶力の向上に役立ちます。運動そのものの効果に加え、笑いが生まれたり、交流ができたり、脳の活性化につながります。

ライフスタイルで病気を防ぐ~認知症予防のコツ

認知症予防には2つの病気を起こさないように、ライフスタイルを見直すことが有効です。運動や食物など以前から言われている方法ですが、改めて理解を深めて健康で長生きしましょう。

認知症の診断基準~アルツハイマー病を疑う10の症状と予防

うつと認知症には、似たような症状があります。うつ状態と思っていたら実は認知症のサインかも。メンタルヘルスと関係の深い認知症、アルツハイマーの診断基準を確認しておきましょう。

アラフォーにトキメキを!脳細胞の萎縮を防ぎ認知症予防の刺激となれ

認知症はまだまだ先のこと、と思っていてはダメです。アラフォーから脳に溜まり始めるたんぱく質が認知症の原因に!40代をどう過ごすかで、将来のリスクを避けることは可能です。

徘徊、妄想、暴力は安心感で改善!認知症周辺症状の対応具体例

認知症の周辺症状は、介護者にとっても辛いもの。症状の特徴を知り、適切な対応をすることで進行を遅らせたり、改善することも可能です。認知症患者とその家族への周囲の理解も重要です。

認知症との接し方4つの基本~JR事故、家族の監督責任で思うこと

認知症で徘徊し、死亡事故を起こした男性のJR事故の判決を受け、介護をする方の立場からも、様々な思いがよぎります。認知症の接し方の基本は安心感を持って良い関係を気づくことが大切。

知らなきゃできない!看護師が教える認知症ケア5つのポイント

看護師が行う認知症ケアの5つのポイントを知ることで、家庭での介護で進行を遅らせたり、認知症の人のQOLの工場にも繋がります。介護者の負担軽減にも繋がることでしょう。