ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

health-予防・治療-薬

必読!サプリメントと薬の飲み合わせの注意点、摂りすぎの危険性

薬と食品の飲み合わせがあるようにサプリメントも飲み合わせや摂りすぎの危険性があります。不足する栄養素を補う、機能性を得るためなどサプリを利用する際には知識と注意が必要です。

ジェネリックのメリットと先発品後発品の違い~薬の変更はどうする?

テレビでもジェネリックという言葉をよく聞きます。ジェネリック医薬品とはどんな薬で、医師に処方される薬とどう違うのでしょうか。ジェネリックのメリット、変更の方法などについて。

かかりつけ薬局とお薬手帳~副作用回避や外出時の万が一に備える

かかりつけ薬局はありますか?多くの場合門前薬局で薬を処方してもらっていると思いますが、かかりつけ薬局の役割と活用、またお薬手帳の上手な使い方について理解しておきましょう。

関節の痛みに体を温める漢方薬~関節痛は漢方と西洋薬で痛みを取る

関節の痛みに効く漢方薬の種類と特徴。慢性的な関節の痛みには、西洋薬との併用も。漢方の治療ではまず冷えを改善、気・血・水のバランスを整えることで関節の痛みが取れると考えます。

漢方の診断と漢方薬の使い方~薬にも相性があります

漢方の診断は、独特の概念があります。その人の体全体のバランスを見て証(診断)、証に応じた漢方薬で治療を行います。種類が少なくて済むので、持病などがある高齢者に優しいといえます。

高齢者のかぜに漢方~漢方医学、診断と治療と漢方薬のお話

高齢者が飲む薬の多さ!飲み間違いや飲み忘れの心配も。漢方は1種類、多くても2,3種類。高齢者は風邪を引きやすく重症化しやすいので、漢方を用いた治療も考えるのも一つの選択肢です。高齢者の風邪と漢方薬についてお伝えします。

眠剤の誤解と正しい理解~看護師夜勤はツラいけど睡眠薬は怖くない

不眠の解消には、生活習慣の改善。しかし看護師など夜勤や交代勤務をしている人は、不眠の対処は眠剤が多くなります。誤解の多い眠剤は正しい知識で適切な使い方をすれば怖くありません。

胆石治療、胆石を溶かす薬ってどんな薬?

疝痛発作と呼ばれる、みぞおちから右の肋骨の下辺りに突然起こる強い痛み、胆石の症状です。胆石の種類により、手術または薬で治療しますが、胆石を溶かす薬はどのような薬でしょうか。

薬の副作用や相互作用を防ぐ!薬を飲む時の注意点Q&A

処方薬、市販薬、どちらも指示通りに使用することが基本です。不安や疑問は医師や薬剤師に相談し、自己判断での使用や中止はダメです。安全、効果的な薬の飲み方を確認しましょう。

市販薬、処方薬、お薬の疑問あるあるQ&A薬の安全正しい使い方

市販薬と処方薬とは?使い方の基本やよくある疑問を取り上げました。薬についての知識、飲み方などの注意点を、薬を正しく安全に使うために再確認しておきましょう。

薬の副作用はもう怖くない!薬の飲み方ポイントは2つだけ

薬の副作用を最小限に留めるためには、飲む危険、飲まない危険を理解し、上手につきあうことが大切。忙しさに飲み忘れ、勝手にやめる事が多いアラフォーの男性は特に注意です。

先んずればかぜを制す!あれ、おかしいなと思った時の漢方治療

病は気から、かぜは万病のもと。かぜかな?と思ったらすぐに対処すれば、治りも早いです。西洋薬と漢方薬、それぞれにあった使い方があります。

東洋医学とかぜと葛根湯~漢方の使い方意外と知らないホントのところ

かぜには葛根湯。ごく自然に考える治療薬ですが、漢方や漢方薬については意外と知られていません。症状や状態に応じて飲む漢方薬も変化します。東洋医学におけるかぜと漢方の関係を切る!

人のものには手を出すな!看護師が教える薬の副作用

高齢者の薬物療法を行う際に看護師は高齢者の身体的特徴を知り、薬物代謝のしくみ、気をつけたい副作用などに注意しなければいけません。他人の薬を共用しないよう注意も必要です。

知らないと怖い看護師が教える薬の飲み方

薬は正しいのみ方をしないと、本来の効果が得られないばかりか、場合によっては副作用が出ることも。使用上の注意を守ることが大切。飲み方の注意点を確認しておきましょう。