ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

health-予防・治療-血管・心臓

心不全の症状?夜中のトイレ、足のむくみは心臓の機能低下が原因かも

心不全の症状は夜中のトイレ、脚のむくみなど歳のせいと見逃されがちです。軽症のままで重症化しないようにするためには早期発見が大切。どんな症状に注意すればよいか確認しておきましょう。

AGE老化~老け顔は短命?血管年齢、葉酸とホモシステインの関係

血管の老化は動脈硬化のリスクの他、見た目年齢の老化にも影響があります。糖化反応によるAGE老化を防ぐポイント、血管の老化を遅らせる葉酸の摂取など血管年齢を若返らせる方法を確認。

減塩のコツまずは1日1g!薬に頼らない高血圧の予防・改善

薄味は慣れます!辛いのは最初だけ。健康のためにも食を楽しむためにも、素材本来の美味しさを味わえるよう、減塩を。急激に減らすのではなくまずは1日1gから始めましょう。

脈がバラバラ、心臓の鼓動がおかしい不整脈、心房細動で起こる脳梗塞

不整脈の一種、心房細動が原因で起こる心原性脳塞栓症は、適切な対処で再発の予防、後遺症の軽減につながります。心房細動を見分けるため、脈がバラバラ、心臓の鼓動がおかしい時は受診を。

大動脈瘤の治療・破裂すると生命に関わる~原因は高血圧と動脈硬化

主に高血圧、動脈硬化によって起こる大動脈瘤、症状は破裂する直前、または破裂した時に現れ、救命が困難なケースが少なくありません。早期に発見し大動脈瘤の治療を受けることが大切です。

血栓を溶かす薬t-PA~脳梗塞の新しい治療薬は発症後4.5時間以内!

脳梗塞の後遺症を軽減するt-PA治療や、新しい治療を受けるためには、発症後の素早い対応が重要となります。脳梗塞の前触れ、症状などについて正しい知識を持っておくことが重要。

脳梗塞の前兆は崖っぷち警報!TIA4つの症状をチェック!

脳梗塞の前兆はTIAの症状をチェック!TIAは脳梗塞発症のギリギリの段階、崖っぷち警報です。症状が治まっても必ず受診して適切な対応をすることが脳梗塞の予防につながります。

狭心症再発予防~危険因子を改善する心臓リハビリ4つのポイント

狭心症再発予防、心筋梗塞予防、動脈硬化の改善には心臓リハビリの継続が重要です。事前に検査して適切なメニューを作成してもらい、それに従って無理をせず、安全に行いましょう。

狭心症の治療、重度の場合は広げる、迂回路を作るの2とおり

狭心症の治療はまず薬物療法ですが、重度の狭心症で効果が十分得られない場合は、カテーテル治療、バイパス手術が検討されます。メリット、デメリットを十分理解して選びましょう。

胸の痛みが左側に起こるのは狭心症の症状?早期の治療で心筋梗塞予防

胸の痛みは狭心症の症状かも。進行すると心筋梗塞のリスクがあります。命にかかわる心筋梗塞の予防には、狭心症で適切な治療を行うことが大切。狭心症の症状を知り、早めの対処が大切です。

高血圧の薬が効果なし!血圧を下げるために見直す3つのポイント

高血圧の治療で薬の効果なしと感じる場合に、血圧を十分下げるために見直すポイントは3つあります。高血圧は自覚症状がないので薬の効果は実感しにくいですが、続けることが大切。

減量で血圧を下げる!肥満と血圧の深い関係~メタボリックドミノを防ぐ

肥満のある人が血圧が高くなったら要注意!肥満は様々な病気のおおもととなります。他の病気を併発しないうちに改善することが重要。生活習慣の改善、減量で肥満解消、血圧を下げましょう。

高血圧のタイプ「収縮型」と「過剰型」あなたの血管はどっち?

高血圧の原因には、血管が収縮して血圧が高くなるタイプと、血管内を流れる血液の量が増えて高くなるタイプがあります。治療はそれぞれ異なるので、まずは高血圧のタイプを知ることが大切。

生活習慣がキーポイント!死の四重奏から身を守る生活習慣病予防

脳梗塞の予防には、死の四重奏に注意し生活習慣病を予防することが重要です。毎日の生活習慣で意識して行い、生活習慣病を予防する「一無」「二小」「三多」について確認しましょう。

今すぐ始める脳梗塞予防!脳梗塞になる原因、危険因子の発見と削減

脳梗塞の原因となる危険因子は、喫煙や飲酒などの生活習慣と、高血圧、糖尿病などの生活習慣病が2大原因。これらの危険因子を避ける、発見することが重要な予防法となりえます。

血管が詰まる病気、脳梗塞の種類と特徴を知り健康で長生き!

脳梗塞の種類、特徴などについて知っておくことは、発症に早く気づき受診するために重要です。早い対応で良くなる可能性も高くなるからです。血管が詰まる病気の原因は心臓にもあります。

脳梗塞を前触れに気づいて防ぐ!冬のお風呂のヒートショックもご用心

脳梗塞の前触れに気づき早めの受診。治療が早ければ、良くなる可能性も高くなります。脳梗塞の症状を知り、前触れを見逃さないようにしましょう。冬のお風呂はヒートショックに注意。

血中脂質のバランスの崩れが動脈硬化を進行~最大の要因は生活習慣!

進行すると生命に関わる病気の原因ともなる動脈硬化は、血中脂質のバランスの崩れから。バランスが崩れる最大の要因は生活習慣。食生活の改善、運動の習慣化で根本の原因を取り除く。

血圧の標準はどのくらい?正しい血圧の測り方と高血圧症診断基準

家庭血圧を測ることで普段の血圧がよくわかり、白衣高血圧や仮面高血圧を発見できることもあります。正しい血圧の測り方を確認しましょう。高血圧症の診断基準についてもお伝えします。

血圧を下げる~高血圧予防、治療のための食事、運動簡単レシピ

高血圧の治療、予防の基本は生活習慣の改善です。運動、食事が大きな要因。特に食塩の摂り過ぎ、肥満、運動不足を改善することが大事。血圧を下げるためにまず行いたいことのレシピです。

あなたの血は大丈夫?脂質異常症~動脈硬化は深く静かに進行す

脂質異常症は血液の中に脂質が異常に増え、血管を詰まらせて動脈硬化、さらには脳卒中や心疾患の要因にも。健康診断で発見されたら、自覚症状がなくてもきちんと治療しないと怖いことに。

心室細動は生命に関わる不整脈~心肺蘇生あなたが救える生命がある

目の前で突然人が倒れた時、胸骨圧迫や人工呼吸は出来なくても、あなたができることはあります。いざというときに慌てず対処できるよう、心肺蘇生について理解し覚えておいてください。

息切れ・だるい・めまいは心臓の電気信号の乱れ、徐脈かも

高齢者に多い徐脈性不整脈。動脈硬化や高血圧、心臓疾患などが要因となっています。徐脈でめまいなどが現れている場合は、早めに受診してください。事故などの危険性があります。

脈の乱れは生命にかかわる?不整脈の種類をまず確認

脈が乱れ心配な不整脈。多くの場合は治療の必要がない期外収縮です。しかし脈が一時的に止まったりはやい状態が続く場合は危険。すぐ受診して問題のある不整脈かどうか診断を受けましょう。

頑張り過ぎない!40代の突然死、心筋梗塞、脳梗塞の予防は?

硬くなった血管が臓器を破壊する若い人の突然死、心筋梗塞、脳梗塞の予防は生活習慣の改善、年に一度の健康診断で早期発見、早期治療を。40代は睡眠不足や頑張り過ぎに注意!

脳の病気のサインを見逃すな!ただの頭痛と思っていたばかりに…

痛みや体の不調にはしっかり向き合うことが大切。特に脳の場合は命に係わる病気のサインかもしれません。脳血管疾患の原因ともなる高血圧、糖尿病のサイン、予防を知っておきましょう。

メタボの男性は要注意!肥満の先にある血管の老化を防ぐセルフケア

健康を維持するには減塩が重要です。血管の老化も塩分の摂り過ぎが大きく関わっています。メタボも血管病のリスクを高める。肥満、血管の老化を防ぐには、減塩が鍵となります。

突然死を回避する!血管年齢を老化させない強い血管を作るかぎ

動脈硬化など、血管の病気は知らない間に進行し、突然死の原因ともなるコワイものです。血管年齢を検査して、血管の老化を防ぎましょう。それには内皮細胞を元気にする血管ケアが重要です。

肥満でないのに血圧が高い?二次性高血圧なら根治は可能だよ

高血圧は生活習慣の乱れや、肥満も原因です。しかし、肥満でないのに血圧が高い人もいます。二次性高血圧の可能性もあるので早めに受診しましょう。二次性高血圧は根治も可能です。

血圧の薬の種類と副作用~高血圧治療で確認すべき降圧薬の話

血圧の薬は長く飲み続けるのが一般的。習慣になって薬の特徴などを忘れてしまうことも。高血圧の薬、降圧薬について副作用や飲み方の注意点も確認し高血圧治療の相乗効果を。