ナースほど誇れる仕事はありません

健康を大切にしたい方へ贈るひとりごと

health-予防・治療-骨・関節

足を引きずる肩がゆれる~変形性股関節症末期の治療は薬物と手術

骨切り術、人工関節、と聞くとためらいがあるかもしれませんが、受けた患者さんの多くが生活の質が向上した、と喜ばれています。変形性股関節症末期の治療について、確認しましょう。

股関節の痛み治し方~進行期の股関節への負担軽減生活改善4つのコツ

変形性股関節症の第3段階、進行期の足の付根、股関節の痛みの治し方は、運動療法に加えて股関節に負担がかかる生活を改善することが大切です。痛みを緩和し進行を防ぐ生活改善4つのコツ。

股関節の痛みの治し方に貧乏ゆすり!足のつけ根が痛い変形性股関節症

股関節は日常生活を送る上でとても重要な働きをしています。痛みがあると生活に支障も。早期発見、適切な治療が大切。足の付根が痛いなど股関節の痛みの治し方は運動療法が基本です。

骨粗しょう症の薬による最新治療~骨量を増やし負担も軽減

骨粗しょう症の薬は新薬の登場で患者の負担を軽減、骨量を増やす薬もあり。重い骨粗しょう症にも効果的な新しい薬が使われています。自己注射で骨量1割アップも!生活の改善も重要。

骨粗しょう症対策~危険因子を知り若いときから検査・診断で予防

骨粗しょう症対策は若い頃の最大骨量を増やすことがポイント。予防のためにも女性や40歳代、男性は50歳くらいから骨量の検査を受け始め正常範囲の80%以上を保つことが大切です。

転倒予防2つの生活上対策~高齢者の寝たきり・認知症の原因骨折予防

骨粗鬆症の高齢者が転倒して骨折すると、寝たきりや認知症の原因に。骨折を防ぐには、転倒予防が重要。生活上の2つの対策、運動と住環境の改善で転倒を予防し、骨折を防ぎましょう。

膝がこわばるなど膝の痛みや違和感~変形性膝関節症は前兆段階で対策

膝がこわばるなど、膝の痛みや違和感を感じたら変形性膝関節症の前兆かも。膝の痛みの悪循環に陥らないために、この段階で日常生活の改善や運動で肥満の解消など、早期の対策が重要です。

膝関節痛は運動で痛みを解消~悪循環を断ち負担を減らす3つの工夫

膝関節痛があると体を動かさなくなりがちですが、かえって痛みの悪循環に。膝への負担を軽くする工夫をして、積極的にウオーキングなどの運動を行い、膝の痛みを解消しましょう。

骨を強くするには?カルシウム貯金で元気に長生き~寝たきりを防ぐ

元気で長生きするため、骨を強くするには若い頃のカルシウム貯金!年を取ってから、カルシウム不足を改善するには、バランスのよい食事と様々な栄養素を一緒に摂ることが大切です。

あなたの痛みはどこから?肩の痛み、治療の前に知ってほしいこと

肩の痛みには主に3つのタイプがあります。症状は共通しているのですが治療はそれぞれ異なります。何が原因で痛みが起こっているのかを特定し、適切な治療を受けることが大切です。

五十肩は安静と効果的な運動で肩と腕の痛みを改善

肩の痛みの代名詞とも言える五十肩、放おって置いても自然に治りますが、時間がかかり、痛みで日常生活に支障が起こることも。適切な治療で痛みを改善し、治癒までの期間も短縮しましょう。

え!肩の関節周りに石灰が沈着?肩の痛みの原因が石灰の時の治療法

肩の痛みの原因は色々ですが、関節あたりに石灰が沈着する、石灰沈着性肩関節周囲炎が原因の場合も。病気の特徴と治療について確認しておきましょう。運動で動きを良くすることも大切。

肩の痛みの原因は肩の腱板に開いた孔!肩腱板断裂の治療

肩に孔が開く!?肩の痛みや動きが悪いのは肩腱板断裂かも。治療は薬物療法がメインで、症状がない場合もありますが、進行を予防するため、年に1~2回程度は検査を受けましょう。

膝の痛みの軽減には運動で筋力をつける!膝体操で痛み軽減

変形性膝関節症で膝の痛みを訴える人が多いアラフォー世代。痛みがあると安静にしがちですが、筋力をつけることで、痛みの軽減を測ることは可能です。症状が進む前に、膝体操で筋力アップ!

ひざの痛み軽減に人工関節、手術はどんな時、どんなタイミング?

膝の痛みは膝関節の衝撃吸収機能が低下するために起こります。痛みを軽減するにはまず保存療法、改善されない場合人工関節手術を検討します。リスクもあるので主治医と十分相談しましょう。

それダメ!の靴選び~足の指が痛い時究極な予防や治療は靴にあり

全体重を支えている足は、相当な負荷がかかり足の指の痛みや障害が出るのは自然でしょう。靴の選び方で負荷を軽減することが可能です。足の慢性障害と靴選びについて確認してください。

40代のある朝突然!関節の痛みの予防に鍛えない運動のススメ

アラフォーは体のあちこちに痛みやトラブルが出始めます。関節の痛みには筋力アップも大切ですが、壊さないことも重要。関節の痛みの予防に関節の負荷を取り除く運動も取り入れましょう。

高齢者の慢性腰痛はいつの間にか骨折「腰椎の圧迫骨折」が原因

高齢者の腰痛で最も注意が必要なのは圧迫骨折。多くの場合骨粗しょう症が原因で、骨がもろくなり腰椎の骨が押しつぶされて腰痛などの症状が現れます。骨を強くする食事や運動で改善。

しびれや痛みで歩けない!アラフォーから急増する「脊柱管狭窄症」治療

中高年の腰痛は主に加齢が原因の脊柱管の狭窄により神経根が圧迫されて痛みやしびれが出る脊柱管狭窄症。日常生活に支障がある間欠跛行は注意が必要です。医師の指示に従い治療しましょう。

ひざの痛みの解消に手術は治療の最終手段。決断は慎重に

ひざの痛みの治療で、手術は最終手段です。物理療法や薬物療法で大半の変形性膝関節症は改善することが可能で、手術を検討する際は様々な視点から検討して判断することが大切です。

膝の痛み、大事だから3回言います!変形性膝関節症の治療ピラミッド

肥満、加齢で起きる変形性膝関節症、痛みが重症化すると寝たきりのリスクもあります。予防、適切な治療で痛みを克服。筋トレ、ストレッチを継続することも痛みの軽減に効果があります

運動不足・肥満も膝の痛みの原因~筋トレ、ダイエットで痛みを予防

膝の痛みは加齢、肥満、運動不足が主な原因。筋トレとダイエットで筋力低下を防ぎ、膝の負担を軽減。膝の痛みを予防し、変形性膝関節症のリスクを減らしましょう

ひざの痛みを克服!アラフォーのためのスポーツ外傷講座

アクティブなアラフォーが多くなり、スポーツ外傷で膝の痛みをかかえる人も。膝の痛みはスポーツをする前の注意点を実行し予防、正しい治療法で克服、長くスポーツを楽しみましょう。

備えあれば憂いなし骨の生活習慣病~骨粗しょう症予防と食事の関係

骨粗しょう症は骨の生活習慣病とも言えます。予防には食事、運動、日光を浴びることが大切。特に食事内容に注意することで生活習慣病や、将来の骨粗しょう症を予防しましょう。

子供虐待を疑われて通報された!ひざの痛み、成長痛の対処と注意点

成長痛は、大抵の子供が通る道。自然に治りますが一緒に痛みに向き合うことも大事です。また、隠れた病気や異常を見落とさないよう、よく観察し、適切な対処も必要です。

頸肩腕症候群やストレートネック、見放された痛みの対処法は?

パソコンやスマホを長時間使うことで起こる、頸肩腕症候群やストレートネック。単に肩こりにとどまらず、生活に支障が起こる場合も。正しい姿勢、簡単な運動を心がけることも大切。